縁乃助商店(大阪・淡路)ラーメン・まぜそば・つけ麺

ラーメン・つけ麺・まぜそば・油そば 大阪 淡路・上新庄 速報(当日限り)
この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

ここまでの縁乃助商店

(追記:2017/06/17)
数日前からつけ麺が食べたいと思いつつ、まだ食べたことないやつが食べたいという我儘な要望。
縁乃助商店のTwitterを見てたら週末限定のつけ麺をやると告知が。

『鶏豚節つけ麺』
〜麻油落とし〜

鶏・豚・節=鰹節つまり魚介、これはスープの三国志ではないか!魏呉蜀みたいなもんだ。

ところで前回縁乃助商店に行った後、食べログを見ていると
「無料のキムチが美味しい」キムチ?そんなもんなかったぞ!
「味変ツールがあるので・・」味変ツール?そんなもんなかったぞ!!

あ!カウンター席の座るところによって前に何にも置いてないパターンちゃうん?

キムチ大好きやのに、ごっつ損やん!
俺は自分が優遇されて当たり前、他の人より損をするのが絶対許せないタイプなのである。
要は人間としての器が小さいのだ。お猪口くらいの容量です。

でも結局、自転車で訪問。
今回はちゃんと阪急京都線沿いに走ったら前回より6分位は短縮できたと思う。

13時回っていたのですんなり入店。
カウンター席見て「あー!やっぱり俺が座った席なんもあらへん!というかあんなん手届かへんわ」

3人に1セットみたいな感じで漬物と味変ツールが配置されている。
隣に大柄の人が座ってたらちょっと取るのが難しい。

で今回も何も置いてない席に座らせようとしやがったから、「なんやと~また俺にキムチ食べさせへんつもりか!」と店員を鬼のような形相で睨みつけて断固目の前にフルセット揃ってる椅子に座る。

ただし、この場合水のポットは遠くなる。微妙に嫌がらせをする店だな。

店員が限定を勧めてくる。言われなくてもそれを喰いに来たのだ。
大盛りまで金額同一なので大盛り。そして中ライス50円。

前回はキムチの存在すら知らなかったので俺には2回分のキムチを食べる権利がある。
食べたらめちゃ旨いやんか。旨いと余計に腹が立つ。こんな旨いもん前回かって喰いたかったわ!ボケ!

さてここからおっさんの悲哀の物語です。
皆さん、つけ麺のつけ汁と言えば小さな器に少ない量しか入ってないというイメージありませんか?

出てきてまずは麺の量に驚き。
「これ300gじゃないよな、400gあるよな・・・」

麺も凄いがスープも凄い。
器もデカいしたっぷり入ってる。普通のラーメンのスープと変わらん量。

スープの中にどんな具材が入っているかはぜひ動画を見て下さい。

では早速頂きましょう。

「あ、この味・・どこかで食べた・・知ってる味・・どこだろう・・」

一瞬最近の訪問歴の中で桐麺を思い出したが、確かに鶏と魚介なのでその連想は間違ってはいないのだが
「ん~もっと似てるやつがあったような・・」

焦がしニンニクの味が底流にあるのは確認できる。
あと鶏と魚介、それと香味野菜だろうか?
桐麺と違うのは当然豚が入ってるからだろう。

麺は平麺で加水率低めなのか若干ねちゃっとして麺と麺が引っ付き気味。

それにしても麺の量が多い。
ご飯を頼んだ事を後悔した、あ、まだご飯来てないけどどうしてだろ?忘れてるのか?それとも麺を食べ終わったら出るのだろうか?

ご飯をキャンセルしようか悩みつつ、はっと気づく。
スタッフも客も10代~20代の若者ばかり。
当然味もボリュームも若者に合わせてあるのだ。

自分が20代だったら凄くお気に入りの店になって通ったんだろうなと思う。
自分が20代の頃はまともなラーメン屋なんか大阪にはなかったのだ。
大昔友達に道頓堀の神座に連れていかれて「美味しいやろ?」と言われても正直そんな風には思えなかった。
「こんなん洋風のキャベツスープやん、ラーメンじゃない」

結局味変はニンニクしか使わず激辛は未使用。
麺を食べきった。そのタイミングで後ろから店員が「ライスお持ちいたしましょうか?」
おおなかなか教育がしっかりしてるなと感心する。

一応スープ割をお願いしてライスをドボン。
しかし、もう麺の後半あたりで満腹中枢が発動してかなりキツイ。

おじやというか雑炊というか食べながら
「あ!この味みつ星製麺所の濃厚らーめんに似てる!!」と気づいた。

それにしてもスープもシャバシャバで大量。
正直「リバースするんじゃないか?」という危機感も感じだし汗が大量に出てくる。

残せばいいやん?って思われるかもしれないが自分は料理を残す事は絶対にやっちゃいけない事だと思っている。
だから他の人が食べログで「一口食べて口に合わないので残しちゃいました」と平気で書いてるのが信じられない。
料理人へのリスペクトとかないのか?まあ吐いちゃったらリスペクトどころの騒ぎじゃないけど。

なんとかスープも全て飲み切って完食。
900円+中ライス50円=950円を払って店を出た。

味もボリュームも20代だったら満点だったのに自分の胃袋が弱ってるのと味覚が変化してるのがなんとなくショック。
そういえば昔だったら文句言ってたはずの上品な薄味を美味しいと思うようになってきたのと相まって濃厚なのが段々重く感じるようになってきたもんなあ。

味もドストライクでしたしお腹パンパン食道の上の方までパンパン。
と同時に自分が若くないと再認識してしまって悲しかった。

***

【月末4/30昼夜20食限定の鯵白湯ラーメン】

未訪リストを確認しながらたまたま「縁乃助商店」のツイッターを見たら

「鯵白湯らぁめん」という文字が。

鯵・・・白湯?!

「ちょっと何言ってるか分かんない」
(サンドウィッチマンのボケ富澤の口調で)

「なんで何言ってるかわかんねえんだよ!大体わかんだろうよ!鯵の白湯じゃねえかよ!」
(サンドウィッチマンのツッコミ伊達の口調で)

瞬時に脳内でコントの1シーンが出来上がってしまう。

冗談はさておき、マジで鯵を10キロ使ってるそうだがそれでどうして白湯になるのか?
それとも鯵のスープとレギュラーで使う白湯を混ぜるのだろうか?

頭の中が??で一杯になる。
そうすると居ても立っても居られなくなったので11時40分頃チャリンコで出撃。

さて淡路・・までの道順は知らん。
そして
「阪急京都線沿いに走ればええんちゃうん?俺天才!」
と思ったのも束の間、行く手に立ち塞がるJR・・ちっとも天才じゃなかった・・

まずは迂回とにかく東に向かって走る。
崇禅寺とかこの辺りは生まれて初めて通る。
住宅はいっぱいあるのに人がほとんど歩いてない。
車も走ってない。
静かで春の陽気も相まって自転車に乗りながら眠気を覚える。

油断してたらいつの間にか阪急がかなり離れた場所を走っていた。

なんとか淡路到着。
淡路自体は以前に来た事がある。
まあそれにしても自転車の路上駐車の何と多い事。

「民度が低いなあ」と呟きながら適当な所に自転車を路駐するさらに民度の低い俺。

ところでこの「縁乃助商店」は初訪問ではあるが開店前から存在は知っていた。
と言うのも俺は昔、天満にあった「鶏家 たちばな」が運営する「真骨鳥らぁめん あざす」が大好きでよく通っていた。

ここにいた子が独立したのが縁乃助商店。
あざすと同じく鶏白湯をメインに据えていたので自分の中では「知ってる味」として後回しになっていたのだ。

到着時刻が日曜の12時台で外待ちが母娘と思われる2名。

初訪問なので店頭の立て看板を色々見ていたら「合流禁止」の注意書き。
これいつもトラブルになるんですよね。
俺も何度かこれをされて怒った事がある。

俺がじっくりその注意書きを見ていたら前の母娘もそれを見て
「こんなん書いてあるやん!ほんだらうちらあかんやん」と言って「お先にどうぞ」と譲ってくれた。
どうやら後で誰か合流するつもりだったようだ。

という事で割りとすぐに入店。
店内見渡してもやはりあざすにいた子はいない。
今は近所に別の店を出して縁乃助商店は人に完全に任せてるようだ。

男三人体制。
一番奥に黙々と何かの作業をする優男風。
そして中央で麺を茹でたりスープを作ったり忙しそうにしてる「昔はヤンチャしてました」系。
最後がホール担当のいかにも「最近入った新人です」というような20歳前後のちょっと頼りない感じの眼鏡君。

この中学時代焼きそばパンを買いにいかされてたぽい眼鏡君にオーダー・・しようと思うが先に入店した3人組の注文もまだ取れてないみたいでヤンチャに指示されてた。

カウンター席は結構幅広くて厨房も広いのだが席の前の台に大量に積みあがっている前の客の洗い物・・

ん~こういうの大量に見せつけられると食欲失せるんだけどなあ・・

ヤンチャは調理で忙しい。これはわかる。
奥の優男は何かを一心不乱にやってるがそれが何かは謎。

焼きそばパンは水出して、注文聞いて、お支払い、お見送りとこれはこれで大変そうでしかもこれに洗い物だから明らかにキャパシティーを越えている。

座ってから数分経ってやっとオーダー。
勿論本日4/30昼夜20食限定という「鯵白湯ラーメン950円」大盛り(金額同一)で。

目の前の写真付きメニューを見ると「レアチャーシュー丼」というのが非常に旨そうに見える。

だが少し目線を上げると積みあがってる大量の洗い物・・どうもこういう衛生管理がいい加減なところで火の通ってないもん食べて大丈夫かという不安もあるし、今回はいいか・・

でやって来ました「鯵白湯ラーメン」

チャーシュー、煮卵半分、メンマ、海苔といったお馴染みの具材から
糸唐辛子、なめ茸、そしてこれは鯵のすり身でしょうか?要は鯵がネギトロみたいになってるものが載っています。

では頂きます~

「お~さかなさかなさかな~」

それが鯵だとわかるのは鯵だと聞かされてるからであってもし鯵だと知らずに食べたら
「魚系」と大雑把な判別しか出来んかっただろうな。
鯖とか秋刀魚とかはもっと癖が強いので分かりやすいんだけど。
逆に言うと変な癖がないので食べやすい。

でやっぱり白湯なのはレギュラーメニューで使うスープと合わせてるんだろうな。
最近流行りで自分も好きな鶏x魚介の魚がかなり強いバージョンといった趣。
インパクトもあるし、でもだからと言って食べにくい訳でもなくよく出来てます。

麺は久しぶりの細麺で大盛りはかなり大量で食べ応え十分。
大満足で食べ終えたのですが余ったスープが勿体ない。

メニューを見ると「仕上げ飯」というのがあるようだが、わさびとか色々余計なものが入ってるのでせっかく現状でスープがいい感じなので普通の白飯(中)50円を追加。
おーやはり、美味しい雑炊ですわ~

という事で1000円ジャストを渡してご馳走様。
なかなか強烈だけどちゃんと美味しいラーメンで良かったです。
レギュラーメニューも食べないとね。

ちょっと遠いけどまた食べに来ます。