移転する前に食べれて良かったお店

IMG 20181124 115906 523

先日新大阪から江坂に向かう途中行列がある飲食店を見つけました。
「何の店だろう?」と前まで行くと移転した後の【中国料理 ファンファン】でした。

前の店舗が古いビルだったのが新しいビルの1Fで高級感がありました。

そういえば今まで行った店の中でも移転した店が多くあります。
今回はそういう店をまとめてみました。

【鰻家】


元々は今福鶴見と新森古市の中間にあり店名も「鰻家うりずん。」だったのですが現在は西中島南方近くに移転。
朝に店まで出向いて予約してまた昼に食べに来るという予約の難度。
移転前と移転後に1度ずつ行きましたが初回は冬場だったこともあり断然初回の方が良かったですね。

【キャトルラパン本店】


ここも食べるまでのハードルが高い。
元々は長く並ぶスタイルでしたが移転後は事前予約制に。
自分は面倒臭がりなので中津の「キャトルラパン北梅田店」ばかり行ってしまいます。

次の2店は移転直前ギリギリ滑り込みで食べたお店です。

【縁えにし】

信者の多いカリスマ店主によるお店。
現在は宇治で「晴耕雨読」というお店をやられています。
神戸のお店の方は地場のラーメンチェーン店に権利を譲渡。
最近増えてる「ENISHI」ブランドの汁なし担々麺屋はこの系列かFCだと思われます。

とりあえずオリジナルを食べておいて良かったなと今になっては思います。

【中華そば 堀川】

ラーメン店主というのはやはりいつかは本場の東京で成功したい!という思いを持ってる人が多いですね。
そう言えば桐麺の店主も東京進出の夢を語ってましたね。
「人類みな麺類」も東京進出しましたしね。

ここも移転と服部の店舗の営業最終日が決定した段階で訪問。
限定の「濃厚煮干しそば」を食べて衝撃を受けました。
東京では今ブームみたいですが大阪ではまず見かけない「セメント系」。
もう食べられないとなると無性に食べたくなります。
自由が丘に移転してから舌の肥えた東京人にも好評です。

次は気に入ってたのに移転して残念なお店。

【えびす丸】

以前は西中島南方に店舗があったのですが、現在は「宝麺 えびす丸」として宝塚市に移転しちゃいました。
店主はうどん屋の経験もあるので煮干しの扱いが上手で限定はどれも自分的には激ウマ!
もう少し近ければ頑張って行きたいところですが流石に宝塚は遠すぎます。
ちなみに西中島の跡地は「㐂蕎麦司 きし元」になって「中華蕎麦 葛」の完コピが近所で食べられてそれはそれで嬉しいのですが。

【くそオヤジ最後のひとふり】みたいに目と鼻の先への移転なら何の問題もないですが気軽に行けない場所への移転は寂しいものですね。

書いていて思いましたが「ヤドカリ系カレー」はちょくちょく移転しまくってるのでいちいち場所を探すのが大変です。

コロナ禍でまた移転が増えるんでしょうかね?

HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社
コピーはできません。