うどん讃く「白祭り」のひやし もめん

うどん 大阪 福島
この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

【大阪ランチ巡りの軌跡!】

【うどん讃く「白祭り」】

ひやかけうどんを食べたいなあ~って思ってた時にうどん讃くの「白祭り」の事を知り、行ってみました。
朝7時開店ということで6時台に出撃。
6:50頃到着。もう4人並んでます。

山本店主が外に出てきて常連らしい人達と談笑。
恐らく皆ブロガーなんだろうなあ。

本日の限定うどんを見せてくれます。

IMG_20150630_065457

平べったいです。

知らない人の為に一応書いておくと和食出身の山本店主が和食のテイストを持ち込んだラーメン店「烈志笑魚油 麺香房 三く」を大阪・福島に開店。ラーメン激戦地の当地において瞬く間に人気店に。その後近隣に「うどん讃く」「curry 燦く」「そば喜邐山く」を開業。同業でチェーン展開するのではなく違う業態で広げるという珍しいパターン。

IMG_20150630_071931

さて開店7時にはなんと13人も行列。
お前らどんだけうどん食いたいねん。

順番に自販機で食券を買います。
限定390円。

うどんが出て来た後、最初の3人はそのまま席へ。
前の人は薬味を入れてる。
どちらが正しいのだろうか?
ま、とりあえず入れとく。

知ってる人はいないのでボッチで着席。

IMG_20150630_070948

具沢山です。

IMG_20150630_070954

まずはうどんを。
柔らかいですね。
肌理の細かさとツルツルした食感で美味しいです。

IMG_20150630_071201

一旦木綿と呼ばれてる。

IMG_20150630_071204

これ食べてみて一瞬「ん?メロン!」まさかと思ったら本当にメロンだったという・・
他に稚鮎、黄インゲン、ミニトマト、アイスプラント。これ詳しい人から教えてもらった。

IMG_20150630_071459

さてこの出汁なんですが、「薄いかな?」と思ったんです。
事前情報で醤油も砂糖も入ってない、節系といりこ、昆布を水出ししたものであるということを思い出して「なるほどなあ~」と思いました。普段いかに塩気と砂糖と化調で慣らされてるか痛感します。

塩気がない透き通った旨みというんでしょうか。
これならいくら飲んでも大丈夫な感じです。

それにしても朝の早くからどんどん客が入ってきます。
通勤前にこんなにうどんを食べたい人がいるとは!

非常に美味しく頂きました!