らーめんやまふじ新大阪本店5周年記念ラーメン500円

たまたまネットで知ったらーめんやまふじ新大阪本店5周年記念のイベント。

今年に入って新大阪・西中島を中心に十三・塚本、淡路・上新庄、東三国・江坂位までのラーメン店は大体調べつくしてこの店の事も知ってはいたのですが食べログのレビュー読んで訪問リストからは外れていました(汗)。

今日は12時まで藤井聡太四段VS森内俊之九段の将棋を見ていてどうせもうランチ難民だしということで訪問。
糞暑い中15人程の行列。

一瞬諦めようかと思いましたが他に行くのも面倒なので並ぶことに。
大体20分ほどで入れました。

イベントなのでラーメン・つけ麺・油そばが500円。
さてまだ暑いですし、基本つけ麺好きですし、元の金額がラーメン680円、つけ麺・油そば750円ということで最初に考えたのはつけ麺の選択。

しかし、食べログのレビューを見てるとどうもつけ麺の選択がやばいような気もしてくる。
それにご飯食べ放題を活かすにはスープの量が肝心になってくる。
つけ麺だと麺を食べ終わった後に残るスープの量が少しだろうしそれならラーメンにするべきかな。

「麺は中太・細麺・ちぢれ麺から選べます」
「(あれ?ラーメンは細麺・ちぢれ麺で中太はつけ麺だけだったように書いてあったが・・)じゃあ中太」

でラーメンに。

店内のカウンターに座りまずはセルフのご飯をジャーからよそう。

ご飯の友の昆布の佃煮と煮干しふりかけで半分程食べた頃にラーメン到着。
「(・・・あれこれちぢれ麺じゃない?)ま、いいか」

では頂きます。
「あ~やっぱりな」

食べログで見た感想が「弱い」「インパクトがない」という意見が多かったのですがまあ確かにそんな感じです。
味の方向性的には決して嫌いじゃないし、ここのご主人は元々玉五郎出身らしいので煮干しも感じるのですが、すべての要素が良く言えば「優しい」悪く言えば「弱い」。

まあ、化調がドバドバ入ってるラーメンと比べたら「体に優しい」と言えるかもしれませんがそもそもラーメンを食べる人は健康とか気にしてないと思うし。

バランス的には決して悪くはないんだけどな。
不味い訳ではない。むしろ系統的には好きな部類。
自分的には全ての成分を3倍に濃縮してくれたらちょうどいい感じ。

女性客が多かったのもわかります。
これなら女性でも安心して食べれる。
そして男性に対しては「ご飯食べ放題」というリーサルウェポンが。

「優しいなあ~弱やなあ~」と心の中で呟きながら一瞬で麺を完食。
先ほどのご飯の友の食べかけお茶碗半分を投入。
3口ほど食べて思ったのがやはり普段行くどこのラーメン屋と比べても薄い。
2倍濃縮でやっと平均店レベルではないかと。
更にもう1膳分追加で投入。
それにしてもご飯2膳しか食べれないなんて胃が小さくなったなあ・・

周りが油そば注文してる人が多くてそれが旨そうに見えた。

食べてる時はちょっと物足りないなって思ったが、もしかしたら地元民が日常使いにするためにわざと飽きの来ない優しい感じにしてるのかなと思った。インパクト重視だとすぐに飽きてしまうけどこれくらいの濃度だと頻繁に食べても大丈夫そうだもんね。

5周年おめでとうございます!

ads
スポンサーリンク
ads

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ads