Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

麻拉麺 揚揚(大阪・天六)汁なし担々麺 辛さ・痺れ5倍

3回目の訪問である。

OPEN時に確か標準のx2,x2を食べて、前回はx4,x4で舌がアホになった。

今日は8日「揚揚の日」で汁なし担々麺が390円。

16時前という時間にもかかわらず店内のカウンター席は1席を残して満席。
その残席に座る。

メニューには前回時は最大で辛さx4,痺れx4までだったのがx5ずつまで拡張されている。

「大盛り、5倍と5倍で」
「かなり痺れますけど大丈夫ですか?」
「前回4倍4倍で大丈夫だったんで」

ほとんど待たずにすぐにやってきた。

前回は2015年9月8日、3年と1ヶ月ぶりです。

ルックス的には別に毎度お馴染みのもので怖さは感じられない。

しかし、ここから悲劇は始まるのである。

提供されたのが15:55である。ここに留意して頂きたい。
温泉卵が小鉢で提供されるが、まずは入れずに一口・・

たった一口で麻痺る。
たった一口で歯科医で麻酔をされたようなものである、
たった一口で後悔して、俺の愚かさを恨んだ。

次の一口を食べるのが怖い。

正直、ちょっと生命の危機を感じた。
一口一口がもう苦行みたいなもんである。
汗がドバドバ吹き出し、口の中は完全に麻痺ってるがおそらくこの調子では胃腸の方も確実に悲鳴を上げてそうである。

4分後には温玉投入。
しかし、温玉1個位ではちっともマイルドにはならない。

箸の動きが完全に止まる。
麺量的にはこれがもし普通のまぜそばならば5分で完食するくらいの分量である。
ところが一口食べる事に自分の選択を悔やみ、己の愚かさを嘆く。

後から来た客はみんな2倍とか3倍とか常識的な注文をしている。

ああ、思えばおっちょこちょいと調子乗りの半生であった。
その性格ゆえに何度もピンチに陥ったのである。
その癖ちっとも学習せず同じ過ちを繰り返すどうしようもない阿呆である。

一口食べては人生を振り返り反省し、次の苦行に立ち向かう。
一口一口が試練であり、苦行。
なんで金払ってこんな苦しい思いをしてるのだ俺は。

オタクぽい店員に「どうしてビンタしてでも俺を止めてくれなかったんだ!」と詰りたくなる気持ちを抑えながら、一口食べては3分ほど止まるを繰り返す。

この時点で16:18である。
辛いのを頼んで後悔したのはGharで7倍にした時以来である。

実は口の中の痺れ自体は最初の一口目でいきなりピークに達して後は別にそれ以上強くなってる訳ではない。
ただ、こんな凶悪なものを胃腸に大量投入して大丈夫なのかという恐怖感もあった。

なので一口食べては自分自身を反省し、悔やみ悲しみ、水を飲み、汗を拭くの繰り返し。

いつの間にか他の客は皆いなくなり自分のみとなった。

修行僧のように自らを悔い改めつつやっとの思いで完食したのがちょうど16:30。
提供されてから35分後の事であった。

口の中の痺れ自体はもう慣れつつあったが胃腸に対する負担が如何程かが心配ではある。
もう二度と無茶はしないでおこうと固く誓った。
良い子の皆さんは2倍位にしておいて下さい。辛さに自信があっても3倍までが良い。

スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads

シェアする

フォローする

ads
スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads