Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

洋食 泉(大阪・福島)オムライスとビーフカツサンド

この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

大阪でトップクラスの【洋食 泉】です。
かなり前もって予約入れないといけないということで諦めてました。

今日たまたま公式サイトの予約状況見てたら空きがある!
これは行かねば!

場所はJR環状線福島駅下車。
北西に伸びる「聖天通り」に入って50m程左手にあります。

予約時に伝えておいた名前が直筆で書かれた紙がカウンターの上に置かれていました。
まずは奥様からメニューの説明です。
今回急遽一人で訪問なので2人からオーダー可能のコースは不可。
アラカルトでの注文になりますが基本二人分のポーションの料理もハーフサイズにする事ができるものもあるとのこと。

グラスでスパークリングワインを注文。

XXXとアボカドのタルタルソースは必ず頼むこと!って誰かの記事に書いてあったのでヒラマサとアボカドのタルタルソースをハーフで。

泉1

クリーム状になったアボカドにヒラマサの小さなブロックが入ってます。
そして上にイクラがオン。
これをガーリックトーストに載せて頂きます。
ハーフなのでタルタルソースが余りましたのでこれだけ食べましたが本当にアボカドの旨さが濃厚です。

泉2

そして豚肉のテリーヌのソテー。(ハーフ)
表面はカラッと。
中は豚の旨みが凝縮されてます。
舌触りはしっとり。
茶美豚らしい。

泉3

メインは鶏のディアブル。(ハーフ)
パン粉をまぶしてオーブンで焼かれています。
表面のカリカリ感と中のジューシーさの対比がいい。

泉4

グラスで白ワインを。
これでなぜか急に回ってきた。

ちょっと胃がびっくりしたみたいでちょっと気持ち悪くなってきたんだが、
シェフがまるで僕の心を読んだみたいに冷水を淹れてくれた。

いよいよオムライスです。
作ってるのを見てると皿に炒められたライスを盛るのですがかなり黒い。
そしてトロトロのタマゴを載せます。
デミグラスソースとケチャップが掛けられて完成!

泉5

食べてみると玉子はトロトロ~中のライス自体がかなり濃厚な味。
これはレベルが高いです!
一瞬で完食です。

泉6

そしてラスト!
ビーフカツサンドです。
色が美しい~まさにこれこそ夢にまでみた一品。

泉7

一口・・
おー柔らかい!!!
何この柔らかさ?!
旨すぎます!
いや~これだけ毎日でも食べたいです!

泉8

1時間半程でしたがあっという間でした。

ビーフカツサンド2000円
オムライス1200円
グラス2杯
ハーフの料理3品

7300円でした。

最後奥様に表までお見送り頂きました。
「沢山食べて頂いてありがとうございました、流石男性ですね~」って言われた。
そ、そうなんだ。普通の男性はもっと食べると思った。。

2か月前に予約とか気軽に行ける店ではないと思っていましたが、20時以降なら空いてる事も多いのでぜひまた来てくださいとのことでした。

ちょくちょく行きたいです!

YouTubeの【チャンネル登録】

スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads

シェアする

フォローする

ads
スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads