• 2021年9月24日
うだま 梅田店(大阪駅前第3ビルB1F)

うだま 梅田店(大阪駅前第3ビルB1F)

Spread the love

本ブログも9年目に突入です。
このブログを始める前の自分は大阪駅前第1234ビルかお初天神商店街でばかりランチを食べてる人間でした。

食べ歩きブログを始めるにあたって
「もうちょっと良いものを食べないと」
とそれまで行った事のない北新地~西天満や肥後橋、北浜、福島を重点的に回るようになりました。

そして大阪駅前ビルに関しては基本封じる事にしたんです。

なので駅前ビルでランチは久しぶり。

ここ最近やっと過ごしやすい気候にはなってきたんですが、まだ微妙に暑い。
食欲もイマイチということもあり、冷たいうどんを食べるにはラストチャンスかも・・と昨日は大阪駅前第3ビルのうどん棒へ。

13:30過ぎ到着。
ところが目算で18人位の行列。
これは茹で時間とか回転考えたらかなり掛かるな・・と諦めて別の場所へ。
そこでも振られて振られ続けてランチレス。

今日はうどん棒は休み。
「うどん棒が休みならうだまに行けばいいじゃない?」
とマリー・アントワネット風に呟きながら情報確認。

平日は11時開店だけど祝日は11:30と。

大阪駅前第3ビルはうどんの聖地として有名ですが、自分は上述の通り大阪駅前ビルは行きまくってた訳でしかもランチをうどんで済ませるのは好きではない。腹持ちがよくないし。

と色んな理由でそのうち行けばいいと思いつつ年月は流れまくった訳です。

今回は「大阪キタエリアうどんランキング」をコンプするためにもイッキに行ってしまう作戦です。

同じ大阪駅前第3ビルでもうどん棒はB2Fの北側。
そしてうだまはB1Fの南側。

庭みたいなものなのでグランフロントからダダダッとディアモール経由ですぐに到着。
11:28。

うだま 梅田店(大阪駅前第3ビルB1F)

なんともう営業しててお客も結構埋まってる。
残3席。

座る前に両手のアルコール消毒をさせられます。
コロナ対策万全!
その割には隣の席とは肩触れ合うキツキツの配置。
たまたま隣に座ったのが大人しそうな若い男の子だったので良かったのですが最近よく咳をする爺とかもいるのでこれはもう運としか言いようがない。

さてランチタイムはお得なセットがあるのですが、これが祝日でもあるのか不安でしたがちゃんとありました。

うだま 梅田店(大阪駅前第3ビルB1F)

とり天マヨ丼セットが圧倒的1番人気。
ただ予習段階でボリューム的には唐揚げの方がお得だし、しかも絶賛してる人もいたので自分は唐揚げにしました。中年のおばさんも唐揚げにしてはった。

うどんの方はぶっかけが一番人気。
自分は二番人気のひやかけ。

これ迷ったんですよね。
「ん~ぶっかけとひやかけはやはり出汁は違うんだろうな・・ぶっかけの方がやっぱ濃いんだろうか?
分量が違うからなあ・・ん~どうしよう・・ひやかけにしようか」

なんかスマホの調子が悪くて全体写真がちゃんと保存されてなかったか取り忘れ。
動画で見て下さい。

うだま 梅田店(大阪駅前第3ビルB1F)

さてうどんは標準で300gなんですが+100円で500gになります。
たった100円で200g増量やったら絶対増量した方がお得やん♪

でもなあ500gか・・つけ麺脳の自分はどうしてもこれまでのつけ麺での経験をベースに考えてしまう。
300gだと少ないんだよな・・で400gでお腹いっぱい。500gは1回しかないけど死ぬかと思ったんだよな・・
それに唐揚げ定食まで付いてくるし、500gも本当に食えるのかなあ・・どうしよ・・ま、いてまえ。

でうどん見た瞬間、「これ本当に500g?そんなにある?間違えてない?」と思ってしまった。
だって昔つけ麺で500g頼んだ時は見た瞬間、「無理!見ただけで吐きそう」と思ったけど、これは別になんか普通な分量に見える。

箸を突き刺してひっくり返して全体の分量を見てみる。
「ん~まあ300gって感じではないけど500gもあるという感じにも思えないんだけどなあ、でも確実に300ではないから間違ってはないか」

これくらいなら唐揚げとご飯があっても楽勝です。

それではうどんを・・

お、これはなかなかの剛麺です。
大昔の「たけうちうどん店」のような噛み切れないグミのような感じでなく、高密度故の硬度です。粘度はそれほどではありません。そう言えば「たけうちうどん店」は店主が腰を痛めてバイトにうどんを踏ませるようになってから全く別モンの柔らかい麺になってしまいました。それ以来ガッカリして行かなくなりました。

ですから久しぶりにちゃんと剛麺を食べた気分です。

さてツユですが、節と昆布の旨さが抽出され雑味のないクリアテイスト。
非常に上質の出汁です。凄く美味しいです。安っぽい甘みがないところも自分的にはグッド。
但し、カエシの割合が極小で塩気も最小なので、うどんだけ食べても出汁の味があまりしません。
この件に関しては同じようにコメントしてる人がいました。
出汁を飲みながら食べるとちょうどいい感じです。
確かに飲むのを前提にすればこの塩分濃度の低さは素晴らしい配慮と言えます。
久しぶりに旨い出汁を飲んだ気がします。
おそらくこれがぶっかけだと醤油の比率が上がって塩分濃度も高いんでしょうね。

うだま 梅田店(大阪駅前第3ビルB1F)

びっくりしたのが唐揚げ。
標準サイズのが5つ。
目の前で揚げられた熱々。

外はカリカリ。
そして肉質がとってもいい。
柔らかく適度な弾力。
これきっといい鶏肉ですね。
衣の味付けはあっさり目ではあるんですけどうどんと一緒に食べるのでちょうどいい具合。
唐揚げを看板にしてる店のいくつかより上かもしれない。

カットレモンが付いてるので途中でふりかけます。
ご飯はちょうど唐揚げ5つにピッタリの分量。

うだま 梅田店(大阪駅前第3ビルB1F)

卓上には天かすと生醤油と七味があります。
麺を一本だけ取り分けて生醤油を掛けると出汁で食べるのとは違った味わいが楽しめます。

知らない間に外には行列が。

大満足で800円+100円=900円払ってごちそうさま。
これは今の所一番好きかもしれない。

コピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。