Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

辛口飯屋 森元(西天満/カレー)

この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

「私のカレーはとても辛いです」

森元スナップショット 2 (2013-03-27 15-26)

なかなか挑戦的な看板を掲げてるお店。
何度も行こうとしたのですが早じまいや満員などタイミングが合わず。
本日は席が空いてましたので突入しました。

【辛口飯屋 森元】

大阪地方裁判所のちょうど北側の通りにあります。

店内は狭いカウンターのみ。
ママが一人でやっています。

せっかくなので日替わりの「サンバルポーク」900円にしてみます。
「辛さどうしますか?」と訊かれたので勿論「辛めで」とお願いします。

さて「サンバルポーク」が来ました。
サンバルソースとはチリソースの一種だそうです。
ほうれん草、人参、玉ねぎ・・たっぷりの野菜に豚肉。
甘さと辛味とスパイス感が複雑に舌を刺激します。
流石なかなか辛い。
でもこれ位ならまだ余裕。

さてこちらの独自ルールはルーのお代わりは無料ということ。
ご飯を残して今度はレギュラーメニューの辛い「ビーフカレー」を掛けてもらいます。

うん美味しいね・・・
あ・・・
け・・っこう・・辛い。。
辛~~~~

舐めてました。
ごめんなさい。
かなり辛いです。

もう残りのご飯の量はわずかなのですが一口一口が結構拷問。

汗が大量に出てきます。
テーブルには冷水が入ったボトルが置いてあるので水を何度も注いでごくごく飲みます。

なんとか完食。
結構汗掻きました。

所謂クレイジーな辛さではなく、そこまで痺れを感じる訳でもないのですが正攻法の辛さですね。
また汗をかきたい時に行きましょう。

スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads

シェアする

フォローする

ads
スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads