くそオヤジ最後のひとふり(大阪・十三)しじみらーめん

ラーメン・つけ麺・まぜそば・油そば 十三 大阪
この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

(追記:2018/9/12)
店舗が入ってる高架の耐震工事の為、10月上旬をもって閉店だそうです。
詳細は公式サイト等でご確認下さい。

***

ちょいワル親父の最後の一記事です。

ここ数日風邪のひき始めぽくって体力が落ちているので何か滋味深いものが食べたい・・
滋味・・・じみ・・しじみ・・・蜆・・しじみラーメン・・・くそオヤジ最後のひとふり!

という事でまだ行けてない「くそオヤジ最後のひとふり」へ。
場所は十三の駅前のスクランブル交差点前に国道176線の高架があるんですけど、その下ですね。
電車で来たなら阪急十三駅の西口改札出て右側のションベン横丁を最後まで進んで突き当りにあります。

何度か店頭までは行った事あるのですが行列見て諦めてまだ未訪でした。
今日は平日の13時20分頃到着。待たずに入れました。

知らない人の為に説明するとUNCHIグループです。
うんちです。ん?訳わからん?
西中島南方にある行列店「人類みな麺類」の系列になります。

僕、実は「人類みな麺類」の系列で一番最初に行ったのは今はなき「SUPERMEN」という東梅田の店。

ここで食べたラーメンがおそらく大阪で食べたラーメンの中で一番美味しかった。
基本醤油ラーメンがあまり好きではない自分でもこの2種類の貝と鶏ガラ+魚系のハーモニーが最高でした。

だから当然本店の「人類みな麺類」には期待を込めて極寒の中、長時間も並んだ訳です。
選んだのは一番人気のMacro。

でも印象に残ったのは極太のチャーシューのみ。
スープはあっさりでほとんど記憶に残らない感じ。

ん~あのスーパーメンは束の間の奇跡だったのか・・

そして今日はそんなウンチ系列の2店舗目の「くそオヤジ最後のひとふり」
恐らくこの店の登場以降「風変わりな店名のラーメン店」が増えるキッカケになったんではないでしょうか?

・・と前置きが長くなりましたがカウンターに座ります。

メニューがシンプルでわかりやすいですね。
・しじみ(淡口醤油)780円
・あさり(濃口+淡口醤油)880円
・はまぐり(濃口)950円
と貝の種類で選びます。

今回はしじみで。
ランチタイムのセットで白ご飯100円(おかわり1回OK)も。

店内はまだ7分入り位ですかね。

割りとすぐに出てきました。

しじみが沢山入ってますね。
ところでしじみの身を食べない人もいるらしいですね。
確かに食べにくいですが捨てるのは勿体無いですよ~

スープは淡口醤油という事もあり、塩分も控え目でしじみの旨味がしみじみ身体に染み込んでいく感じです。
(しじみだけに)
なんというか優しい美味しさというか。
まあかなりあっさりな感じ。(あさりじゃないけど)

多分スープもごくごく飲める感じですが白ご飯を投入。

非常に美味しいしじみ雑炊ですな。
白ご飯1回お代わりできますという悪魔の囁きに応じて2杯目をオーダー。
2杯分ぶち込むと流石にスープが足りない。。あちゃ~

ま、美味しかったし多分身体にも良かったとは思うんですがちょっと全体的に具材も含めてあっさりしすぎて物足りない感じですかね。

ん~もう一度スーパーメンみたいなラーメン食べたいんだけどなあ・・
系列でああいうの出してる店もうないのかな?
最後の頼みの綱は中之島ダイビルの「世界一暇なラーメン屋」か・・むむむ