ads

大杉製麺(大阪・西中島南方)ラーメン・つけ麺

この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

「淀川を越えられないグルメブロガー」から・・

「淀川区のラーメン店しか扱わない地域&ジャンル限定グルメブロガー」へ華麗なる転身♪

転身してる場合か・・

未だに西中島に馴染めない。
よく考えたらまだ夜出歩いた事ないな。

今日は5/3GW後半スタートという事で案の定ランチ難民になる。
行列or閉店・・dead or aliveみたいな感じで結局食べず仕舞い・・

夜になり訪問予定リストの口コミを見て結局大杉製麺へGo!。

実は場所だけ以前昼間に確認しておいた。
確認しておいて良かった、これ夜に初訪問だったら絶対わからん。

新御堂と地下鉄御堂筋線から東へ100mほど歩いたところだがビルの地下なので分かりづらい。
階段を降りるとなんか入り口が3つあって真ん中には製麺機が置いてある。

「ん?これどっちだ?どっちでも好きな方に入っていいのか?」

一瞬賑やかな感じの左側のドアを開こうとするが、そこでちょっと待てよと念のためもう一度よく見てみるとなんと

別の店やん!

右側が正解でした。

到着時刻は祝日の19:40。
ドアを開けると前に広がるカウンター席は客ゼロ。
左側にあるテーブル席には若者グループが2組。

眼鏡の20歳位のひょろっとした頼りなさそうなスタッフにカウンター席左端に案内される。
この前の縁乃助商店の焼きそばパンと全く同じキャラ。最近のラーメン屋はこういうのを雇うのが流行ってるのか?
一瞬他に店員が見当たらなかったので「まさかこいつが調理も任されてるのか??」と不安になったが、カウンターの向こうでしゃがんでいた店主が顔を上げて登場。

かなりイカつい感じのお兄さん。

「こら、食い逃げできひんな・・・」

なんでやねん!食い逃げなんか生まれてこの方一回もしたことないわ!

と心の中での一人ボケ&ツッコミ。

ていうか食い逃げなんかしたら本気で殺されそうなワイルドな感じ。

ところで自分は冬以外は基本ラーメン屋に行かない人。
もう暖かいしつけ麺を食べましょう~と特盛で注文。

直後に一人客x2入店。
僕の隣にイケメン風が座る。

カウンターに3人座った訳だがやはり店主のいかつさのせいか店内にピーンと張り詰めた緊張感が漲り、静寂の世界。
だが奥のテーブル席は別世界でワイワイ賑やか。

厨房を撮影したらしばき殺されそうなので控えめに卓上の味変ツールを写す。

この後から来た二人は看板メニューの濃厚ラーメンを注文。
つけ麺は茹でるのに時間が掛かるので二人のラーメンの方が先に提供される。

最後にワイのつけ麺。

特盛は400g、流石にボリューム満点。

この色の麺はねっちゃり系。
麺と麺がひっつき易いタイプです。
これの方がつけ汁が絡みやすいです。

もう見るからにドロドロです。
最近はある程度予習してから来るのですがやはり麺の量に対してつけ汁の量がちょっと心許ない感じなのでこれは計算しながら食べないと・・

では一口・・

ドロドロさ加減は往年の群青を思い出しますが、つけ汁の味は懐かしいマタオマ系でやはりみつ星製麺所に近い感じです。そうそうここの店主は元みつ星製麺所の人だそうですが福島では見た事ないので西中島か阿波座にいたのかな?

粘度の高いドロドロのつけ汁に低加水率の麺なのでまあ絡む事絡む事!

つけ汁の中にデカいチャーシューと・・

半煮卵。

卓上には黒コショウとにんにくのすりおろしと柚子胡椒があるので変化をつけながら食べます。

心配していた通り麺がかなりつけ汁を絡め取っていくのであっという間に残量が少なくなってきます。

自分の後に来た二人が食べ終わりさっさと退出。
入れ替わりに入って来た常連ぽい兄ちゃんが店主に馴れ馴れしく話しかけると店主も笑顔で返す。

なんや怖い人じゃなかったんや。可愛い笑顔やん。

でもここまでになるにはかなり通わないと駄目そうです。

つけ汁の底の方に大量の玉ねぎが沈んでいてこれは恐らく臭みを消す為でしょうが余りにも大量なので玉葱教の教祖なのかもしれません。

麺とかつけ汁の粘度とかは昔の群青を、味自体はみつ星製麺所を思い起こさせ、なかなか美味だと思います。
でも、どちらも散々食べて来た味ですので目新しさには欠けるかなといった印象です。
4年前なら絶賛してたと思います。

今度は寒い時にラーメンを食べに行きましょう!

ads
スポンサーリンク
ads

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ads