Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

縁乃助商店(大阪・淡路)5周年「飛来幸地鶏の御縁白湯」

ここまでの縁乃助商店

普段そんなにラーメンを食べる人ではないのですが、今月1日の天一の日を皮切りに結構ラーメン食べてますね。

今日は縁乃助商店が5周年で昨日・今日とイベント。
最近は周年イベントでも安くするんじゃなくて、特別メニューを提供するパターンも増えてきましたね。
こちらの方が商売としては王道のような気がします。

縁乃助商店はこれまで外した事がないので信用しています。
以前にも書きましたが、大好きだった天満の焼き鳥店が経営する鶏白湯専門のラーメン店「あざす」にいたスタッフが独立したお店。でも自分が行きだした時には店主は既に2店舗目の方に行ってて会えず仕舞い。

自分がいかにあざすを好きだったか・・

【あざす】

鶏白湯が好きになったのはこのあざすやJET、光龍益の影響が大きいです。
【ラーメン人生JET】


【光龍益】

【鶏白湯特集】

淡路はやはり「知らない土地へ行く」という感じがするのですが、もう一度地図を見るとこれまでのルートが遠回りだった事が判明。最短ルートだと塚本に行くのとさほど変わりません。

ちょうど開店時刻ジャストに到着。
5番目。
本日は限定メニューのみの営業。
トッピングを載せるか迷いましたが、なしで。
ライスもどうしようかと思ったのですが麺大盛り無料との事でとりあえず食べてみて余裕があるなら追加することにします。

なんと開店5分でもう外待ちに。
最初の4人分が先に出て自分のは次のロットでちょっと待ちます。その間に記念のキーホルダーが配られました。

ちょっとしたものでも貰えると嬉しいものです。

来ました。
食べてみると何故か懐かしい感じがします。特に麺が何故か昭和の懐かしいテイスト。
スープは鶏白湯の王道な感じ。光龍益で食べるのと似たような感じです。
美味しいです。でもサプライズ感はないですね。

鶏モモのレアチャーシューが旨いです。
ここはボリュームもたっぷりなのがいいですね、麺も大盛りでお腹いっぱいになります。
ご飯は要らないですね。

さてここは食券ではなく最後にお会計でたまたま3人同時退出。
一人ずつ会計が済んだらわざわざ入り口までお見送りするのでちょっと時間掛かります。
この辺の接客の丁寧さなんかは「あざす」から引き継がれてるものですね。

自分の前の客が会計についてなんか質問してました。
ライスが高いとかなんとか、今日だけなんとか。
さて自分の番。
850円だと思ってたら、なんかレジに表示されたのが918円。
ラーメン屋で見た事もない細かい数字。

まさかの外税!

口には出しませんが内心騙された感が。
「外税なら外税って書いとけよ」と一瞬思ったのですが、よくよく考えると本来は外税がデフォルトで内税の方がイレギュラー。

だから他のラーメン店が(内税)と書くべきで、法律的には外税は書く必要がない。

しかし・・大部分のラーメン店が内税なのでこちらもそれが当たり前と思い込んでるからなあ。
まあ普段1000円のランチを何の疑いもなく食べてる人間が数十円の事を言うのも細かすぎるのだが、ラーメンの相場感からすると「850円」と「918円」では全然違ってくるもんなあ。

せっかく大盛りで満足感もあったのだが、918円ならお得感も消える。
なにしろこの前「えびす丸」で超絶に旨い「鶏煮干そば」をたった800円で食べたところなので。

数万円のもの買う時は数百円の違いは気にしないのに人間っておかしいですね。
そういう人間の心理について解説したビデオを紹介しておきます。

でもまあ大盛りだし、キーホルダーも貰ったしいいか。
それにしても5周年早いですね。時間が経つのがあっという間で恐ろしいです。

スポンサーリンク
ads