ads

中国歴史ドラマが面白い「燃ゆる呉越」

この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

今、大量に中国歴史ドラマを見ています。
前回紹介した「孫子兵法」は孫武が将軍として活躍した呉の国が舞台でした。

そしてこの呉は隣国の「越」と長年に渡りライバル関係でした。
そこから「呉越同舟」という言葉も産まれたのです。

今回紹介する「燃ゆる呉越」は今色々悩んで人生に絶望してる方にもぜひ見て頂きたい作品です。

時系列的に言うと、「孫子兵法」の最後の方で呉王闔閭が孫武の諌めも聞かず、越に攻め入った結果傷を負い死ぬ事になります。

死に際に王位を継承することになる息子の夫差に「越王勾践が父を殺したことを忘れるな」と言い残します。
夫差は父の復讐を誓って臥薪(薪の上で寝る)したと言われています。

今回の「燃ゆる呉越」ではこの夫差がとうとう越を倒して復讐を果たしたところから物語は始まります。

「孫子兵法」にも登場した呉の謀臣である伍子胥は後の憂いを断つ為に勾践を殺すべきだと進言するのですが夫差は殺す事を躊躇い勾践を奴隷として馬小屋で働かせることにします。

勾践の方も最初は奴隷になる位なら死んだほうがマシと自害しようとするのですが臣下の范蠡に強く諌められて完全に夫差に従ってるように装うのです。

その間も豚の肝を舐めながら(嘗胆)いずれは帰国して復讐すると固く心に誓います。

呉の夫差の復讐の誓い=臥薪、越の勾践の復讐の誓い=嘗胆、これを合わせて臥薪嘗胆という言葉の由来となったのです。

それまで王として贅沢な暮らしをしていたのがいきなり奴隷。
藁小屋で暮らし、馬の糞を掃除して、馬と一緒になって呉王の馬車を引く。
それはそれは悲惨の一言。

しかし、策略に優れた范蠡と文種といった臣下の働きで呉の宰相の伯ヒに賄賂を贈り、伍子胥を孤立させて徐々に自分達の有利な状態に持っていくのです。

また中国四大美女と言われた西施を呉王に献上して骨抜きにしていったりと徐々に呉を弱体化させていくところが見どころです。

人生一旦どん底に落ちてもまた這い上がることは可能なのだという教訓としても必見の作品だと思います。

ads
スポンサーリンク
ads

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ads