神戸牛 黒澤 Kobe Beef Kurosawa(元町)

最近はアメリカのドラマを見ていても「Kobe Beef」がよく出てきます。
アメリカ人にも全く別次元の柔らかさの上質な肉だと認識されているみたいです。
 

今日は元町中華街の周辺をどこでランチ食べようかとウロウロしていたんですが14時を回っていたのでぶっちゃけ焦っていました。
そんな中路地の奥に見つけた「神戸牛」の看板。

店頭の看板を見てみます。
赤身80g1500円
極上赤身80g2500円

お手軽な感じです。
実は後の予定も詰まってたのでもう迷ってる場合ではないのでINします。

【神戸牛 黒澤】

マネージャーぽい男性から色々メニューの説明を受けます。
お時間があればコース等いかがでしょうか?

ごめんなさい、時間あまりないんです。。

「赤身はちょっと硬いです」という極上赤身への誘導にまんまと乗ってしまいます。

さてサラダが来て、その後にザ・神戸牛。
皿に盛られています。

ありとあらゆる調味料が付いています。
でも一口目は何も付けずに食べて下さい、だそうです。

柔らかいです。
後は調味料を色々変えながら一心不乱に食べます。

80gなのであっという間にご馳走様。

赤身なのと薄切りなのと鉄板カウンターじゃないのであまり神戸牛を食べてるという実感には乏しいです。

まあたった2500円なんで。
やはり神戸牛なら万は出さないとね~

Previous PostNextNext Post
コピーはできません。