Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

ボタニカリー(BOTANI:CURRY)大阪・本町 カレーライス

この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

前回土曜に訪問したら凄い行列で断念した瓦町の【ボタニカリー】です。
瓦町ブランがある角を北上。左手のビル1Fの奥にあります。

開店直後11:10位の到着だったが、既にカウンターは満席。
テーブル席に座らせて頂く。

若い男性と美人ママの二人体制。
後で知ったが姉弟だそうだ。

初回なので看板メニューのボタニカリーを辛さノーマルで。

店内にはスパイスが沢山並べられている。

スナップショット 1 (2014-05-16 12-55)

1皿ずつ丁寧に作っているので結構時間が掛かる。
15分位待ったかも。

さてカレー登場。

スナップショット 2 (2014-05-16 12-55)

非常に彩りが綺麗で絵画のようです。

スナップショット 3 (2014-05-16 12-55)

キーマを混ぜながら頂きます。

スナップショット 4 (2014-05-16 12-55)

先日バビルの塔で食べたところなのでついつい比較してしまいますが、あちらはハーブ感が強かったですがこちらはスパイスとのバランスが均衡していて非常に食べやすい味わいになっています。

2色のソースと彩り豊かな野菜たちで色んな味の変化を楽しめます。
今回ノーマルだったので辛くはなかったです。

チキンも柔らかく美味しいですね。

スナップショット 5 (2014-05-16 12-56)

ママはクールビューティーな顔立ちですが、非常に愛想が良くて
「えらいお待たせしてすんません~」
位の勢いで話掛けてくれるのでギャップにビックリです。

見ていると常連さんの顔は覚えていてそのお気に入りのメニューからカスタマイズ・オプションまで全て記憶しているところが浪速の商人の鏡だなあって思いました。

会計時美人ママに
「辛くなかったでしょう?今度は辛さUPで食べてみて下さいね♪」
と言われました。

僕が辛くはないなと思っている事を見抜いてしまう観察眼も素晴らしい。
このホスピタリティ!客商売の原点を再認識しました。

私が昔から唱えてる「美人の方が性格もいい」理論を再度裏付ける結果となりました。

今度は辛さ3段階UPにチャレンジしたいです。

スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads

シェアする

フォローする

ads
スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads