currybar_nidomi(カリーバー・ニドミ)大阪・谷町四丁目

(追記:2015/11/08 ただいま休業中らしいです。
スリランカカリーのニドミをお休みして欧風カレーのyosomiとして営業とのこと)

以前から行きたかった裏谷四のcurrybar_nidomi(カレーバー・ニドミ)です。
群青の大将とカレー談義をした際に美味しかったと言ってたお店です。

松屋町筋を北から南下。
東に曲がるのがどうやら1本早すぎたみたい。

ぐるっと回り込もうと歩いてたら「洋食屋Fujiya」の前を通る。

店頭の看板に「佐賀牛ビフカツ」の文字を見て、フラフラ入りそうになるが、ここは初志貫徹でニドミへ。

スナップショット 1 (2014-09-30 16-10)

しかし・・
13時回ったから大丈夫と思ってたらカジュアルな格好の学生なのかフリーターなのか無職なのかわからん人達で凄い行列・・・

すぐに諦めてフジヤへ(笑)意志弱っ!

佐賀牛のビフカツ食べたが自分にとっては前菜くらいのボリュームだったのでまたまたニドミにカムバック!!文字通り「二度見」しとる訳ですな。

スナップショット 2 (2014-09-30 16-10)

久々のランチのハシゴをかましてみます。

自分より一瞬早く階段を上った二人組だけが待ち。

店から客はパラパラ帰っていくが、入れて貰えない。

スナップショット 3 (2014-09-30 16-10)

入れ替え制か?

結局15分以上は待たされたと思う。

スナップショット 4 (2014-09-30 16-11)

やっと入店。カウンターへ。
今日は鞄持ってるんだけど置き場がない・・
カバンを地べたに置くのは嫌な人。極度の潔癖症。

幸いにも一番壁側の席だったので椅子と壁とで挟んで落ちないようにした。

スタッフはサブカル好きぽい男女。
二人ともニット帽を被ってる。

お勧めのスタンダード混盛(1000円)を注文。
常連はあいがけ(850円)を注文してる人が多そうな感じ。

カレーが3種類あって、混盛りはAとBにサラダと謎の食べ物が加わりデザートが付く。
合い掛けはA,B,Cから好きな2種類を選ぶ。

本日は、
Aマトンのスリランカカレー・タッカリサンボル添え、
Bチキン・ほうれん草のスパイスカレー・ポルサンボル添え、
C特製牛スジカレー

店主の女性は作ってる途中でスマホでtweetしていた。
ここはリアルタイムで売り切れ情報をtwitterで知らせてる。

他の飲食店もぜひこのようにtwitterを活用されたし。
【飲食店はTwitterで情報発信をしましょう(動画)】

そして混盛登場。

スナップショット 5 (2014-09-30 16-11)

女性店主が「混ぜて食べて」というのでいきなりぐちゃぐちゃにしちゃいます。
これがスリランカ風らしいです。

スナップショット 6 (2014-09-30 16-11)

辛さは大したことないのですが、マトンのワイルド感とスパイスとその他サラダやら謎の食べ物の味がめくるめく混然とした感じで味覚と嗅覚を襲います。

これは旨いですね~

夢中になって食べてあっという間に完食。
20分位待って食べるのに掛かったの5分程。。

食後にミニアイス。珈琲味のパウダーがアクセントに。

スナップショット 7 (2014-09-30 16-11)

確かにこれは並ぶわなあ~
それにしても裏谷四は北浜、肥後橋、新町に並ぶカレーの聖地になってますね!

Visits: 7
コピーはできません。

写真より臨場感がある関西グルメ動画が2000本!
YouTubeチャンネルに登録してね!

2000本の関西グルメ動画YouTubeチャンネルに登録