re・ci・pe(レシピ)神戸・北野 フレンチ・ランチ

フレンチ ランチ 三宮 神戸
この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

*店内暗い為、画質が悪いです。

急遽、神戸でランチをすることになり、北野方面で急いで調べた。

そしてまずは「神戸ビフテキ亭」に行ってみる。
するともう100m先からわかる大行列。。
少なくとも30人はいる。

だめだこりゃ

よせばいいのにまたしても予約でないと入れないに違いない「アズーリ」にダメ元で行くがやはりダメというか2時間待ち・・

という紆余曲折を経てやってきたのが北野坂から細い路地に少し入った【re・ci・pe(レシピ)】

スナップショット 1 (2014-03-09 22-42)

ここ多分昔から何度となく前通ってるなあ・・でも多分来たことない。

古びたビルの地下へ。

スナップショット 2 (2014-03-09 22-43)

メニューです。

スナップショット 3 (2014-03-09 22-43)

価格的にはカジュアルな感じです。
(実はそうではなかった)

店内は暗くて、なんとなくラウンジやバーのような雰囲気。

スナップショット 5 (2014-03-09 22-43)

二人で訪問したのですが、カウンター席へ。
テーブル席は空いてましたが予約で後から来るのでしょうか?(13時回ってましたが)

このカウンター席が高い椅子で、足が地に着きません。
そして背もたれがほとんどないので実はこの時点でやっぱりやめようかなって一瞬思った。

ゆったりとしたテーブル席を恨めしそうに見てしまいます。。

前に一番偉い感じのサービス担当のマダムが来ます。
店内は決してそんなに広い訳ではないのですが(全30席)サービススタッフの女性が5人いました。

でこのマダムがなんというか無表情で怖い。

まずは2625円のランチを2つ注文して前菜とメイン、デザートを選びます。
次にドリンクメニューを持ってこられます。

水700円・・
げっ・・2625円のランチで水有料かよ。。
(テーブルに空のグラスが2つずつ置いてあるのに何も注がないから当然この有料水しかないと思う)

私はフレンチではよくグラスシャンパンを頼むのですが、見ると1700円のみ。
ん~食事代金とのバランス的にどうなんだ?
でも仕方ないのでこれを頼みます。

同伴者はアルコールがダメなので最初この700円の水かお茶にすると言い出す。
私が「フレンチでお茶なんか頼むな、ボケ」と叱って結局ラ・フランスのジュース700円に。

さて前菜ですが同伴者はサーモンとホタテのタルタル。
少し頂きましたが普通に美味しい。

スナップショット 6 (2014-03-09 22-44)

私は牡蠣の香草焼き。

スナップショット 7 (2014-03-09 22-44)

これはかなりのヒットですな。
ミルキーな牡蠣と香草のハーモニーが超美味しいです。

蕪のポタージュ。これも美味です。

スナップショット 9 (2014-03-09 22-45)

自家製のパンがこれまた美味しい!

スナップショット 8 (2014-03-09 22-44)

さてここからメインが来るまでかなり時間が空きました。
20分位空いたかもしれません。

この間に自分達の隣に若いカップルが座ります。
すると・・

普通にグラスに水を注いでる!!
えーーーー
ちゃんと無料の水あるやん!
完全に騙された。。

メインが来るまで時間があったので私はパンのお代わりを頼みました。

さてメインは二人とも沖縄まーさん豚のグリエにしました。

スナップショット 10 (2014-03-09 22-45)

火入れもよく、脂身を適度に含んで甘みのある美味しい肉でした。

スナップショット 11 (2014-03-09 22-45)

ソースも肉の旨みを邪魔しない控え目な感じでよかったです。

前では怖そうなマダムがまだ慣れてなさそうな女の子を小声で叱っています。
メインの途中でパンのお代わりを頼みました。
私は2個目を食べたかったし、同伴者はまだお代わりを頼んでなかったので。

ところが・・
結局このパン完全に忘れ去られてとうとうメインを食べ終わって普通にお皿全て下げられてしまいました。

隣のカップルはちゃんとお代わり貰っていた。

デザートは私がさくらのブランマンジェ・ほうじ茶のグラス添え。

スナップショット 13 (2014-03-09 22-46)

このほうじ茶味のアイスクリームは新鮮で楽しかったです。

同伴者はいちごのブリュレ・練乳のグラス添え

スナップショット 12 (2014-03-09 22-45)

ブリュレの中にイチゴ。新感覚です。

ドリンクが出てきて終了です。

ちょうど2時間のランチだったのですが、やはり椅子が高くて背もたれがほぼないのでかなり疲れました。

最後の方でカウンター担当の人がさっきの怖そうなマダムから陽気で人懐っこい女性に交代。
水を注ぎながら
「この水美味しいでしょう?これ布引の滝から汲んできてるんですよ~」
と説明してくれる。

いや・・最初からそれを注いで欲しかった。
どう考えてもあのメニュー出されたら水は有料のみって思うやん・・

この陽気なマダムは
「もしよかったら記念に写真撮りますよ~」って自分達を撮影してくれた。
最初からこの人が担当なら印象が全然違ってたのになあ。。

自分達の30分以上後に来た隣のカップルと食事が終わるのが同時になった。

2500(ランチBコース)x2
1700(グラスシャンパン)
700(ラ・フランスのジュース)

5%の消費税+5%のサービス料
計8158円也。どこがカジュアルやねん(笑)

料理はハズレなしでどれも美味しかった。

だが・・
・水の説明がなかったこと。
・椅子がかなり疲れる。
・スープとメインの間にかなり待たされた。
・パンのお代わりを忘れられた。

しかもこれでサービス料取るとはいい根性しとるな。

後で食べログ確認すると水にしても椅子にしても時間が掛かるとか接客がダメとか色々指摘されていた。

19年の歴史ある老舗なのに客の意見とか聞く気があるのでしょうか?

ちゃんとしたテーブル席とこのカウンター席では同じ料金であることが正当化できない位の差だし、サービスの担当者によって受ける印象が180度違うので多分当たりハズレがデカいですね。

この程度のキャパでサービススタッフが5人もいて、一番新米そうな子は常に怖いマダムに怒られて戦力になってないみたいだし、一人は常連客との世間話に没頭。これ5人も要らんやろ。。

料理は問題なかったのでテーブル席に座れて陽気なマダムが最初からついてくれたら

「美味しくてサービスも良かったですー」

だったかもしれないが、今回は運がなかったのかもしれない。