Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

中国菜SHIN-PEI(シンペイ)/大阪・肥後橋(中華料理)イベリコ豚の酢豚

2日連続で酢豚を食う男です。
いや、昨日はそもそも酢豚食うはずじゃなかったし、今日も本当はミーゴレンを食べに行く予定でした。

大阪・肥後橋の「中国菜SHIN-PEI(シンペイ)」。
「青藍」出身で酢豚ランチというだけでこれは絶対に食べに行かなくては。
そもそも谷六には用事がないので結局無理やり1回行ったきりでご無沙汰。
キタエリアに店出したんならどうして教えてくれなかったのか?

土曜ランチやってるみたいなので明日にするつもりだったが、よく見ると「土曜は1800円のランチのみ」と書いてあるのを発見。急遽ミーゴレンを取りやめて2日連続の酢豚、しかも同じ肥後橋、徒歩で3分位しか離れてないのではないか?

13:07到着、外待ち2人。5分位で店内へ。

満員だったので店内は撮れなかったがオシャレな感じでOL率高し。
昨日酢豚だったけど今日も酢豚。昔は酢豚嫌いだったけど、旨い処のは酸っぱくないので食べやすい。

最初にメイン以外のセットが出されます。ご飯、スープ、ザーサイに蒸し鶏サラダ。もうこれだけでご飯1杯いけそう。
この店はシェフ&女性二人なのでサービス体制も万全。昨日みたいにご飯お代わりのタイミングを気にする必要がないので有り難い。

さて出てきました真打ち登場。
豚の塊を数えると7つあります。あれ食べログに8つって書いてあったような・・ま、大きさにもよるしいいや。
食べて思わず「うま~い♪」と言ってしまいました。
極限まで衣が薄いので肉の弾力と旨みがダイレクトに伝わります。しかもプリプリ&モチモチ♪
餡は勿論最近の酢豚のトレンド通り酸味控えめで僕好み。

美味しすぎてご飯のお代わりを2回。
最後、お会計の時に奥さんらしき?可愛い愛嬌のある女性に「13時以降は空いてるのでまた来て下さい」と声を掛けられたので6年前に(今調べたら5年4ヶ月前)青藍に言った旨を話したらシェフからも声を掛けて頂き、「6年前なら確実に僕が作ってました!」と言ってた。

何から何まで完璧で久しぶりに花マル二重丸を付けたくなる店であった。
場所が肥後橋と本町の中間で結構歩くし、13時回っても次から次へと来客(主に女性)が来て人気の高さが伺える。

3年前に出来たらしいが自分のレーダーに全然掛からなかったのはやはり探し方に問題があるのかもしれない。
「肥後橋 ランチ」というワードでは定期的に検索を掛けてるのだがそれに引っかからなかったは何故だろうと思ったらなんとこの店最寄り駅が「本町」になっていた。そらわからんはずやわ、本町は守備範囲外だから。

おまけ「大阪の酢豚」

スポンサーリンク
楽天で買い物!
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads

シェアする

フォローする

ads
スポンサーリンク
楽天で買い物!
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads