青藍(大阪・谷町六丁目)四万十ポークの酢豚

ランチ 中華 大阪 松屋町・谷町六丁目・空堀商店街
この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。


いよいよ谷六侵攻です。

まずはLe Caneton(ル カネトン)に行こうと思ったのですが、もう11:30を過ぎていたので電話するのは迷惑だろうし、13時狙いなら入れるかと思いとにかく行ってみた。

入り口のドアには予約で満席の札。
でも構わずドアを開けたらカウンター席2人しかいないから「ラッキー♪」と思ったものの、スタッフ曰くやはり予約で一杯だからダメとのこと。

気を取り直して谷町七丁目の交差点から西へ。

大阪ランチツアーのセットアップリストを作った際に載せてあったがやはり場所的に後回しにしていた
【青藍】へ。

青藍3

なかなかこんな場所来れないよなあ~

青藍2

酢豚が人気とのこと。

青藍1

最近値上げしたらしくて酢豚ランチと海鮮ランチが1000円。
酢豚ランチを注文したもののすぐに心変わりして青藍ランチ1500円に変更。
メインは同じ酢豚だが前菜やらデザートが違うみたい。

ホットジャスミンティーがポットで供される。
別に冷水も。まだ昼間は暑いから有難い。

まずは前菜盛り合わせ。
青藍4

好物のピータン。
青藍5

蒸し鶏の葱ソース。
青藍6

蒸し鶏はパサつきもなくしっとりしてなかなかいいですね。

あとスープとご飯とザーサイ。

それから点心が2つ。
青藍7

蒸し餃子と蒸しエビ餃子。
エビがプリプリでした。

そしてメインの酢豚様です!
青藍8

まずは最初に説明しておきますが、私は中華のメニューの中で酢豚はあまり好きではありません。
自ら進んで酢豚を注文することはまずありません。

でもこれは見た目からして美味しそうな予感。

では一口・・
青藍9

おーこれは旨い!
四万十ポークは弾力があり、ジューシー。
外側はカリっとしてるものの衣は薄いので揚げ物特有の重さがない。
つまり非常に軽い。

青藍10

私が酢豚をイマイチ好きになれないのは酸味のせいなのだが、ここのは酸っぱさがかなり控え目。
その分甘さが全面に来るがこれも上品な感じでしつこさを感じない。
自分にとっての酢豚のマイナスイメージを全て払拭してくれた逸品!

この酢豚ならしょっちゅう食べたいですね~

ご飯を1度お代わりして次にデザート。

青藍11
杏仁豆腐と胡麻団子。
胡麻団子はアツアツ!
杏仁豆腐は濃厚で量もたっぷり!

小まめにお水を注いで頂いてサービスも良かったです。

あ~近くにあったら週1で通うのになあ・・

YouTubeの【チャンネル登録】