Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

創作カレー ツキノワ(大阪・堺筋本町、松屋町)

(追記:2回目:2019/2/4)
前回は大感動だったので本町常駐中にもう一度行っておこうと平日の13時以降に突入。
席が空いてたので座れましたがすぐに満席に。つくづくグッドタイミング。流石に日頃の行いが良いからか。

今日はマトンキーマという事で大辛、今日は忘れずにライス大盛りで。

出てきてビックリ。食べてビックリ。

キーマと聞くと反射的に思い浮かべる形態があるのですが、そんなものはお構いなし。
あーここは基本は全部これなのね~ベースの味は前回と同じ。

でも前回は非常に具沢山でボリューム満点かつ、ブリと大根がベースの出汁とスパイスとミラクルな融合を果たして、異次元の味覚に昇華したのですが、今回は何かにつけ物足りない。

スパイス感は前回とそれほど変わらないので出汁感か。
それとキーマをこういうスープカレーでびちゃびちゃにするのはどうも良さを殺してるような気もする。

という事で前回の大絶賛からはちょっとトーンダウン。
しかもベースが同じだとそんなに頻繁に来ずに忘れた頃に来るのがいいかもしれん。

***

日曜、クソ寒い中、カレーの為に出撃。
お目当ての店のTwitterで「ぶり大根のカレー」だと予告されていた。
冬の味覚ぶり大根。出汁とスパイスの融合にさらにどのような味覚がプラスされるのか?
一応ストリートビューで予習はしますが、色々余裕をもって計算したため開店時刻11:30なのに10:59に到着。
ていうか世界一歩くのが速い大阪人の中でも更に最速の男なので。自分の脚力を過小評価してしまった・・

ていうかなんにもないような場所で店の30m位離れた場所から既に強烈なスパイスな匂いが。
これは期待できそうです。

雑居ビルの階段で一人寂しく待ちます。

ずっと一人だったのに11:20になった途端大量に人が押し寄せ階段はおろか外にまではみ出す行列。

11:30に店内へ。L字型のカウンターの一番奥へ。
メニュー渡されましたが確認程度で「本日のカレー、大辛、玄米で」とオーダー。

店主が凄く若くてなんか専門学生でも通用する感じの「ベース弾いてました」系のそう言えば浜田の息子に似てる。

スタッフはあと若い女性が一人。

狭い店内なのに若い夫婦がベビーカーでやってきてる。
共にまだ未成年といってもいいくらいの若さ。男の方は耳にピアスを開けてるから完全にDQN系。
これまた未成年ぽい嫁が赤子のオムツを確認して「びちゃびちゃや」とピアス男に報告。
おいおいこれからスープカレー食うのにおむつがびちゃびちゃとか言うなよ!

厨房を除くとコンロ6台体制。どうやら内3台はベースの部分に使われて残りの三台を提供する個別のものを温めてるようだ。

じゃ~ん。
見て下さい。まずはこの具の大きさと多さ!
最近のカレー店は「〇〇とXXのカレー」と書いていながらそんな具材どこにあるねん!というほどの申し訳程度のショボい店が大多数の中、この太っ腹な大きなブリと大根がたんまり。

では食べます・・・

これはすげええええええええええええええええええええ

ついこの前カレーの記事で「実はどこで食べてもイマイチピンと来ない」と告白しました。
そうです。スパイスカレーの人気店を色々巡ってもそんなに感動しなかったんです。
結構回ってるはずなんですが。

でもこれは凄い!強烈なスパイス感と出汁の旨さが渾然一体となり、旨みと刺激の大群が押し寄せます。
正直カレーで一番の感動です。今までのスパイスカレーはなんだったのだと?

ブリ大根もこの出汁とスパイスにピッタリの具材です。たまに柚子の香りもします。
複雑かつスープ系のシャバシャバでありながら結構な辛さも保たれています。

ところで最初自分の隣に座った男二人組がどちらもレギュラーメニューだった為、自分より先に退出。
次に隣に座った男性のオーダーで「ご飯大盛りにできるの?」女性スタッフ「はい!できます!」

俺「えええええええええええええええええええ大盛りできるんかい!教えてくれよ!てか書いとけよ!」

最後カレーは飲み物状態で液体だけが皿に残って、でも激ウマなのでスプーンでカレーをチビチビ掬いながら「ご飯がもう少しあれば」と思っていたのでこれはメニューに記載するか訊いて欲しかったです。

ま、そこだけは残念でしたが、このカレーは自分のこれまでのカレー訪問歴の中で一番インパクトがあり、なおかつ好みにドンピシャの最高のカレーでした。

カレーの枠に収まらず独立した料理としても素晴らしい完成度で久しぶりに衝撃的に美味かったです。
そういえばここミーツかなんかの雑誌のカレーグランプリとか獲ってたような気がするのですが・・記憶が曖昧なので間違ってたらごめんなさい、僕が代わりにグランプリあげます。

こういう店を知ってしまうと今度は他の店に行っても駄目だと思ってしまう可能性がありますねえ。

後で気づいたんですが服に強烈なスパイスの香りが染み付いてました。

スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads

シェアする

フォローする

ads
スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads