Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

西中島光龍益(大阪のラーメン・つけ麺)

この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

(追記:2018/12/19)
なんか1年ぶりみたいになってるけど、書いてないだけでもっと行ってる。
限定だのコラボだのメニューを増やす店が多い中、頑なに「ラーメン、つけ麺、以上」を守り続け、味を安定させてるのは本当に偉い。

安心感がある。

南方駅前の長蛇の列の某店よりこっちのほうがよっぽど旨いと思うのだが・・
俺の味覚は少数派なんだろうか?

(追記:2017/12/13)
寒い!寒すぎる!
この寒い中わざわざ遠征してまでランチを食べる気にもならず、昼飯食わずに仕事。
流石に夜はお腹ペコペコ。

でも寒いので近場で・・となると一番に思いつくのが西中島光龍益。
この前行って一発で気に入った。
いや、ラーメン自体は桜ノ宮の本店も好きで何度も訪問してるしね。

夜営業開店直後に訪問。
一番乗り。

ラーメンの食券を買う。780円。

ここはまず雰囲気が良い。
ラーメン屋というよりはオシャレなショットバーみたいな感じ。
空間を贅沢に使っている。
詰め込めばもっと席数増やせるだろうが敢えて少なくしてる決断が素晴らしい。

やはり旨い。
このドロドロ感がたまらない。

あっという間に麺を食べ終えて今回は珍しく替え玉にしてみた。(100円)

個人的な好みで言えば細麺はあまり好きではないのだが、大量にスープを持ち上げるのでやはり細麺が合ってるんだろうか。

食べログで見た替え玉の具材のおまけはメンマと葱だったが今回はチャーシューの小さいのが一切れ。
多分こちらのほうがお得か。

入店してしばらく客が自分一人で心配になったが、替え玉を食べてる時に連続入店でカウンターが埋まった。
そりゃそうだよね~美味しいもんね~

***

しばらく間が空くとまたつけ麺食べたい症候群になる。
そう言えばせっかく淀川区に来たのにまだ塚本とか開拓していない。

で・・
塚本一盃とかに行こうかな~とTwitterを見ると・・
本店で周年記念ラーメン500円!
日にち見て「あああああ先週やんかああああああ」

つうか麺一盃まだ塚本がラーメン激戦地になるはるか前に単独で戦ってた時に、わしブログでもYouTubeでも絶賛しとったやん。

つまり今日の麺一盃と塚本一盃があるのはわしのお陰やないか?
ほんだら「ヨリトモ様、今度ラーメン500円で提供させて頂きますのでぜひ食べに来て下さい!」ってTwitterでメッセとかくれてもええんちゃうん?

大体どいつもこいつも感謝の気持ちがなさすぎるねん。
わしブログとYouTubeの動画編集するのにどれだけ時間費やしてると思ってるねん。

もっと感謝してもいいと思うわ。

ということですっかり行く気が失せたので同じ塚本の「麺や ひなた」に行こうかと思った。
だがよく調べてみるとわし好みの「魚介鶏白湯つけ麺」が昼夜各5食限定と書いてある。

「5食!たったの5食!」

用もないのに塚本まで行ってギリギリで5食にありつけなかったら確実に激怒する。
多分めっちゃ悪口書く。
開店前に行って4人並んでて「おーセーフ♪」と思って並んで後から前の奴に誰か合流しようものなら、もう発狂して怒鳴りまくってドタマかち割るかもしらん。つけ麺ごときでそんな傷害事件起こしてる場合じゃない。

と想像するとこれまた行く気が失せる。

で、今度はあの「きんせい」が南森町と天六にOPENするという情報が。
南森町が先にOPENしたみたいやけどここでも清湯がレギュラーで白湯が限定。

ほんま食えるかどうかわからんのに出掛けるの嫌やねん。

で今日。
あちこちのTwitter見てたら縁乃助商店も周年イベントで豚豚つけ麺やて。
でも既に夕方回ってるしTweetで「昼出すぎたので早くなくなるかも」とか書いてるし。

この暗い中、淡路までわざわざ行って売り切れとかマジで暴れるで。
ほんまどいつもこいつも客の事なんも考えとらん。

でもここまで来ると何かしら食べたい。
それで思い出したのが光龍益。
桜ノ宮の本店は4度程訪問しているが西中島は未訪。
どうしてもみつ星とかここみたいに本店に行った事ある店は後回しになってしまう。

ここはメニューが絞られてるので食べれないなんて事はないから安心。

土曜の18時半頃到着。
ちょうど一人客が店から出てきた。

入ってみるとカウンターに2名のみ。
食券機で「つけ麺830円」をポチ。
そしてライス120円を押すかどうか迷ったのだが・・

「ん~替え麺もできるみたいだし、とりあえず麺を食べ終わった後のお腹の膨れ具合でご飯にするか替え麺にするか決めよう」

と着席。

ラーメン屋にしては珍しく余裕のある空間。

何故か一人客ばかりでテーブル席は空席のままだがカウンターはほぼ満員。

店は若い店主と女性スタッフの2名体制。
そう言えば最後に本店に行った時に店主は父親の元で修業してたなあ・・

客の入り方が一人帰れば一人来店、また帰ればすぐ入店と店にとって都合の良い入り方をしていて常にそこそこの人数をキープ。

ラーメンの客に抜かされて10分ほど掛かってやっと登場。

桜ノ宮の本店で一度食べて気に入ってそれから何度か食べてるがその時は夏季限定メニューだった。
そして息子の店が出来てからはつけ麺は西中島専用メニューとなった。
親心を感じさせる。

(*↑今気が付いたが桜ノ宮の時は半熟卵付いてたのがなくなったのね・・)

つけ汁は熱々の状態で来る。
器に触れない位。
これなら最後まで冷める心配がない。

お決まりのにんにくサービスを貰う。

旨い、やっぱり旨いなあ~
何故なかなか来なかったかと言えば一度食べてしまうとしばらくハマってしまうからだ。

あっという間に完食。
ん~そこそこお腹膨れて替え麺を頼む程ではないがつけ汁余って勿体ないのでご飯を追加しよう~
また食券機のところに行くとなんと売り切れランプがあああああ。

バタバタと連続して客が来たからかご飯売り切れ。
小さな家庭用炊飯器1台しか置いてないから仕方ないのかもしれないが売り上げ伸ばすチャンスなのに。

まあサイドメニュー除けばラーメンとつけ麺1種類ずつというシンプルな構成だし最近のラーメン店にしては珍しく商売気がない。

でもそういう所は好きかもしれない。
最近はやたらすぐに支店を増やしてメニューも多くて
「そのスープ、店で炊いてないでしょ?」みたいな店が乱立してるからね。

ここは味も勿論ゆとりのある空間も含めて素晴らしいと思います。
お父さんも喜んでると思います。

スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads

シェアする

フォローする

ads
スポンサーリンク
レンタルサーバはXSERVER(当ブログも採用)
ads