「烈志笑魚油 麺香房 三く」(ラーメン・つけ麺/大阪・福島)

ラーメン・つけ麺・まぜそば・油そば 大阪 福島
この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

(追記1:2014/03/08)
久々の三くです。
近くに系列のうどん屋「うどん讃く」を出して以降「curry燦く」とこのカレー屋の店舗で夜だけ完全予約制で蕎麦「そば喜邐山く」までされてるそうです。

正に破竹の勢いですな。

で、今日も「三く」の方ですが当然のように行列です。

12時を回っているので限定メニューは食べれません。
お気に入りの全粒粉のつけ麺を角煮ごはんセットで(850円)

麺は大盛りで。

同じメニュー頼んでる人がほとんどではないでしょうか?
女性客の比率が高いですね。
男:女=6:4くらいです。

茹で時間結構掛かります。うどん並の麺なので。

出来ました。

スナップショット 1 (2014-03-08 15-33)

蓋を開ける瞬間がワクワクします。

スナップショット 2 (2014-03-08 15-33)

頂きます。

いや~やっぱり旨い♪
大阪市内では一番好きですなあ~

スナップショット 3 (2014-03-08 15-33)

和風でオリジナリティーもあるし。
濃度といいバランスといい今の自分にはピッタリです。

この麺も本当に美味しい。

スナップショット 4 (2014-03-08 15-33)

トロトロチャーシューも美味です。

スナップショット 5 (2014-03-08 15-34)

途中でくすりと呼ばれる薬味を投入して変化を楽しみます。

スナップショット 6 (2014-03-08 15-34)

角煮ごはんの残りをスープ割後にぶち込んでリゾットというか雑炊です。

スナップショット 7 (2014-03-08 15-34)

旨い・旨い!

今日は奥さんいませんでしたが、スタッフの接客も最高レベルです。
ホテル並み。いやダメなホテルより丁寧な対応です。
ご主人の教育が良いのでしょう。
本店に全力投入しながら別の料理で多店舗展開するビジネスセンスも素晴らしいです。

関西の飲食店経営者は参考にするべきですよ。

大満足でご馳走様です。

*****************

大阪市内のラーメン・つけ麺激戦地と言えば
一つは「天六・天満」
そしてもう一箇所が「福島」です。

JR環状線福島駅の北側の
【みつ星製麺所】【ラーメン人生JET】に対抗する勢力として
JR東西線新福島駅南側の【烈志笑魚油 麺香房 三く】が福島ラーメン三国志の一角を占めるようになりました。

余りの勢いに近所の有名つけ麺店「紋次郎」は閉店を余儀なくされました。

実はこの「三く」オープン当初から何度も行こうとしたのですが・・

1回目夜行こうとして場所わからず。
2回目冬の寒い中18時到着、オープン18:39、あまりの寒さに待てず。

そして・・

何度か昼に行こうとしたのですが、この店の真正面にあるフレンチ【LaBrise】にはまってしまって
ついついそちらに行ってしまう。

今回は冬季限定の「落し蓋ラーメン」を食べるべく、向かいます。
だが数日前から足の親指を負傷していて歩くスピードが普段の1/4程度。

開店時間を少し過ぎてしまってもう1巡目終了で少し行列。

数少ない限定品は完売。。

仕方がないのでランチタイムのサービス、つけ麺全粒粉を角煮ごはんとセットで頂きます。

まず気づくのはここの女将の接客の凄さです。

この店はラーメンを食べ終わる頃に〆のご飯が出てきたり、
後半飽きが来ないように「くすり」と呼ばれる七味を提供したりと
席に座らせた後も客の食べ進み具合を確認する必要があり、
客席に目を光らせながら、二人一緒でなきゃ嫌とかわがままな客も多いので
席が空いたからといってすぐにそこに入れる訳にもいかず配置にも
頭を使う。

その上、店内で待ってる客が食券機でチケット買う手伝いをしながら、
配膳しながら、外で待ってる客を空き具合に応じて店内に案内、
「お寒い中すみません」と声掛け。

こんなに神経使ってたらそのうち胃か十二指腸に穴が開くんじゃないか?
とこちらが心配になる位のきめ細かさ。

そして帰る客には外までお見送り。

なかなかここまで出来る人いないです。
しかもラーメン屋ですよ。
高級料亭ならともかく。
客単価1000円以下でこのレベルの接客は逆にこちらが気を遣う。

前述の「みつ星製麺所」も接客が良いので競争上これ位しないとダメなんだろうね。

さて肝心の料理です。

全粒粉のつけ麺は麺がまるで讃岐うどんのように太くて弾力がある。
掛かっている茶色いのはフスマを炒った粉らしい。

つけ汁は少しだけとろみがある。
鶏+魚介だろうか?魚介が強いような。
程よい酸味もある。
小さめのチャーシューと蓮根が入ってる。
動物系のヘビーさを全然感じず、あっさりさっぱりした感じで
麺の太さも相まって美味しいうどんを食べてるようだ。

上品な旨みで後半飽きてきたところで「くすり」を貰い投入。
アクセントになってまた食べ進む。

そしてスープ割、少しだけ飲んで角煮ご飯の余ったものを全部入れて雑炊にして完食。

満足のできる850円。

ここのつけ麺は自分好みだ。
次は何とか早めに行って限定「落し蓋ラーメン」を食べなくては。

麺香房 三く
麺香房 三く
ジャンル:ラーメン
アクセス:JR大阪環状線福島駅 徒歩5分
JR東西線新福島駅 徒歩3分
住所:〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島2-6-5 AKパレス1F(地図
周辺のお店のプラン予約:
北海道産直 金丸農園 茶屋町店のプラン一覧
鉄板焼 ニュー松坂 阪急三番街店のプラン一覧
お野菜ブラッスリー BELLA PORTOのプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび (大阪)福島・野田・中之島×ラーメン・麺料理
情報掲載日:2015年11月17日