Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

旬香唐(大阪・西中島南方)カレー

人類を長年悩ましてきた難問の中に
「カレーのあいがけ問題」がある。

これは、例えばAとBというカレーのメニューがあるとする。
それぞれが900円として合掛けにすると1000円になるという極めて異常な現象の事である。

物理学者は言う。
「AのカレーもBのカレーも300gだとしてそれを半分にすれば150gである。
それを2つ合わしても質量保存の法則によりやはり300gに戻る。
300gが900円なのにやはり同じく300gが1000円になるのは全く持って不可解と言わざるを得ない」

数学者も口をそろえる。
「その通りだ。900円の半分は450円。450を2倍にしたら当然900である。
それが1000になるというのは数学的には完全に間違いである」

経済学者がそこに加わる。
「900円のものを半分提供するのに掛かるコストは450円。それを2つ提供するのだから900円になるのが当然だ」

こうやって多くの学者が解けずにいた問題を一人の学位もない青年が一刀両断に解決した。

「面倒臭いからじゃね?」

さて、西中島南方のラーメン屋以外も開拓しようと今日は去年から目を付けていたカレーである。
今回紹介する「旬香唐」は夜は居酒屋「春夏冬」である。そこの店主がカレー好きで火水木の週3日だけランチタイムにカレーを提供している。

魚介類から出汁を取ったカレーが自慢との事。

FBを見ると少し前に白子とエビとか寒ブリとか非常に美味しそうなメニューだった。
メニューが分かるのは水曜ぽいので火曜の場合は店頭に行くまでわからない。

11:45OPENということで開店2分前位に到着したらなんと行列!
12~3人位いた。

なんとか初回ロットで入店できた。

カレーは3種。というか2種類とあいがけ。
今日の魚介出汁はサワラ・ブリ・ベビーホタテとのこと。
まあどれも好きではあるが白子とか寒ブリとか本マグロとかエビに比べるとちょっと見劣りはするような。

店内は居酒屋だけあって薄暗い。
店主がシークワーサー水というのを持ってきてくれた。
これがなかなか美味しい。なくなればテーブルに置いてあるからセルフで注げる。

自分の前の人たちはほぼ全員あいがけを注文。
2人だけ旬野菜とつくねキーマを注文していた。

自分の場合、これまでは大抵はあいがけを注文してきた。
特に遠方の場合、滅多に来れないので一度に複数味わえるあいがけを注文するのは合理的である。
だが今回は近所だし、魚介好きだし、前述のあいがけ問題もあるので魚介出汁カレー800円を辛さ増しで注文。

店主一人で一人分ずつ作るのでやむを得ないが時間は掛かる。
それにしても待ってる間も次から次へと客が来て「満席です」と言われて去っていった。
凄い人気だ。

シークワーサー水を2回お代わりしてやっと来たかと思ったらあいがけを自分の後の人に先にサーブ。

そして自分の魚介出汁カレー。

まずはあいがけが大皿なのに対してこちらは小さめの縁のある器。
「えらい、こじんまりしてるなあ・・」
正直皿の大きさを見た時点で失敗したと思った。

普通はあいがけは単品と量的には一緒のパターンがほとんどだと思うがこの店は完全にあいがけの方が量が多くて得のような感じだ。

気を取り直して一口・・

旨い!

出汁が非常に良く効いている。
カレーはスープのように完全にシャバシャバ。
辛さもいい感じ。

味はかなり気に入ったのだが具が確かにサワラ・ブリ・ホタテだがそれぞれ一切れずつ。
多分あいがけも一切れずつは入ってるだろうから本来単品のこちらは二切れずつ位は入れて欲しいものだ。
これではたった100円の差で随分損である。
ご飯の量も少なめでトータルかなり少ない(笑)

帰り際、店主に訊いてみたら「あいがけがかなり得になるようにしています」との事。
このご主人凄く腰が低くて丁重でこちらが恐縮する位だった。

味は本当にお勧めできる。
今回はボリューム的には完全に不満だがあいがけなら恐らく大丈夫かもしれないけど男性ならライス大盛りの方がいいかもしれない。

Facebookをチェックしてまた自分の好みの素材の時に今度はあいがけで頂こう。

スポンサーリンク
ads