素人のグランフロントとプロの北新地

コラム
この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

今日はお気に入りの北新地【粋餐 石和川】で煮魚ランチを頂いた。

上品かつ絶妙な塩梅の鰈の煮魚は4切れも入ってボリュームも満点。
若いお弟子さん達は皆元気で明るくてキビキビしていて見ていて清々しい気持ちになる。

食後にアイスクリームを頂いてお見送り。
本当に何もかも完璧である。

翻ってグランフロント大阪である。

【PIENO festa】で貧弱で糞不味い料理を食べるのに1時間20分も掛かった。

店長と話したら難波の店から来てるのは2人だけで後は全員全くの新人、素人のバイトである。
それ程広い訳ではないのにホールスタッフが10人もいてる。
調理が遅すぎるのでこれだけホールに人数を割いても結局ほとんどがボーっと突っ立ってるだけである。

ホールの人数が多すぎる弊害は責任感がなくなることである。

調理が遅すぎて、お詫びにピザを配っていたのだが一番先に着席して一番長く待たされてる私には配らずに他の客に何度も渡してる。

これなんかはホール担当の人数が多すぎるから誰一人ちゃんと客の状況を見れてないのが原因である。

北新地の店では必ず座った順番を何度も確認して、先に来てる客を抜かすなんてことはありえない。
そういう基本的な事すら出来ていない。

所詮、アルバイトの仕事だからだ。
年齢の違いではない。
学生が余ってる時間を小遣い稼ぎにダラダラと動いてるのと将来は独立を目指して真剣に働いている人間の違いだ。

別に【PIENO】に恨みがある訳ではない。
難波の店は好きだし、今回も店長にはそれなり気を遣ってもらったのだが肝心な所が抜けている。

これは勿論この店だけの問題ではない。
食べログで「グランフロント」で検索したら酷い料理や接客の話がどんどん出てくる。

生焼けの餃子を平気で出すだの、テーブルは先客が汚したソースでベタベタのままだの、写真には大トロ・中トロ・マグロが載ってるのに出てきたのは全部赤身のみでクレームを言っても換えてくれないだの、本当にとんでもない話のオンパレードだ。

今は観光客が大挙して押し寄せてるので素人のやっつけ仕事でもいいのかもしれないがこういう仕事をしている限りいずれは閑古鳥が鳴くような日が来るのも遠くはないと思う。