Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

中華そば桐麺 十三店

この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

「十三良いとこ~どんとこい~」

メロディが解った人は生粋の十三っ子です!
十三公園で毎年夏に行われていた「十三どんとこい祭」
昭和天皇崩御の際に中止され、翌年平成元年に始まったのが「平成淀川花火大会」で途中から「なにわ淀川花火大会」に改名しました。

それはさておき・・

淀川を越えないグルメブロガーですが実は十三、塚本、西中島南方・・この辺りは土地勘もありますし実は非常に詳しいです。

何故なら・・

「十三っ子だから!!!」

JETで修行した人が独立した「桐麺」

普通の人は「三津屋」と言われても「はあ?」って感じでしょうがすぐに解ってしまう十三っ子。
でも分かるが故に「遠い」と思い訪問リストには入れながら行かず仕舞い・・

しかし!なんと十三のど真ん中に支店ができる!
地図を見てビックリ!

おー懐かしい~昔毎日通った道やないか!!

という事で前置きが超長いグルメブログ、やっと本題です。
夜営業18時から、多分12~3分前に到着したんですが先客2名が店頭の丸椅子に座っていた。
椅子がちょうど3つなので座れました。

ジャスト18時に開店。
3人が突入。
食券機はありません。
普通にメニュー見て口頭でオーダーします。

全員おすすめと書かれている「醤油そば」
先頭のおっさんはどうやら店主と顔なじみみたいです。

新店なのでピカピカ、スタッフは店主と若い男性と女性の3人体制。

ところで店主がデカい!
私の中で「体躯の大きい主人が作るラーメンは旨い」という法則があります。
もうこれだけデカければ期待できそうです。
そのご主人のTシャツの背中の金文字があまりにもカッコいいので撮らせてもらいました。

コンロが2つで二人分ずつ作るみたいで先客2人分が先に出来上がります。
もうこの時の匂いを嗅いだだけで「これ絶対美味しいやつやん~」と思いました。

ご主人の盛り付けが非常に丁寧です。

二人分を提供した後に私の分。

これぞ王道の醤油ラーメンのルックス。

食べて思ったのがですね、師匠筋の
「ラーメン人生JET」でも感じた事ですがなんか郷愁を感じさせる味なんですよね~昔を思い出させるというか・・

魚介が非常によく効いている醤油ラーメン。
確かに目新しさとは真逆の懐かしさを感じる王道の味。
だから派手さはないんだけど美味しい。
麺もツルシコで旨~いです。

自分はサイドメニューあまり頼まない方なんですが今日はチャーシュー丼を頼んでみました。
割とあっさり目の味付けですがコクがあって美味しいですよ。
チャーシューの載ってる部分を先に食べて残ったご飯にスープぶっかけて食べたらやはりうまいわ。

ご主人に「つけ麺は本店と味違うんですか?」と尋ねたら「はい!同じ鶏白湯ではあるんですが入れてるものが違います!」と教えてくれました。愛想良くて優しいご主人です。

もう近日中につけ麺必ず食べに来ます!

帰り道に喜八洲総本舗を撮影。
うちの母がここのみたらし団子大好きでした。

食べたいけど悲しくなるので我慢します。

ads
スポンサーリンク
ads

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ads

https://www.youtube.com/watch?v=lyAjjkq5kCU&list=PL9E0B6DAD131915A7