ads

天満上海食苑(旧:鴛鴦火鍋苑)でランチを頂きました

この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

ここまでの天満上海食苑

(追記:2017/09/21)
「上海風咖喱鶏」などという今までこの店では見た事ない食欲そそるメニュー。

ここはいつもボリューム満点なので普段と比べるとおかずの量がかなり少ない。
食べると昔懐かしい黄色い安っぽいカレーなんだけど中華の出汁が効いているので旨い。
できたらもうちょっと汁多めが良かった。
ご飯お代わりして残った汁にぶち込んでカレーライスにして完食。

(追記:2017/09/17)
豚肉とザーサイの炒め。
中華の鉄板メニューです。

(追記:2017/08/03)
いつものやつです。
他のメニューの時も行ってやれよと思うのですが。

(追記:2017/06/26)
ホールの女性スタッフが戻ってました。
牛肉と茄子の醤油炒め。今日はなんと日替わりメニューがこれとエビマヨという最強コンビでどちらにするか迷いました。

こことエスサワダでは何も言わなくてもご飯大盛りにしてくれます。

(追記:2017/06/19)
今日もランチ難民になって結局天満へ。
天満上海食苑の前を通ると「ザーサイと豚肉の塩炒め」という俺好みの日替わり。
社長がホール担当してた。

ザーサイだからピリ辛かと思いきやマイルドな味。
ショウガが効いて爽やかな感じ。

前に座ってるおっさんが食後の一服。
煙たい。こっちは食べてる最中なのに。マジで殺意が沸く。

社長に「久しぶりね、最近どうして来ない?」と訊かれた。
「メニューが麻婆豆腐ばっかりだから」というと「麻婆豆腐は嫌いか?」と言うから
「辛くないから嫌」と正直に答えたら「本場の麻婆豆腐の辛さにしたら日本人は誰も食べれない」と言い返された。
まあ、そうだろうな。この辺は難しいところ。
今出してる麻婆豆腐だと自分には物足りない。
だけど本気で本場レベルのものを出されたら食べれる自信はない。
この辺のさじ加減はなかなか中国の人には理解できないだろう。
故にOIL恒河沙が流行ってるんだけど。

社長が「あなたが書いたうちの記事探したけどわからなかった」と言ったので「YouTubeに載せてる」と答えたらYouTubeを知らなかった。中国の人はYouTube本国では使えないのだ。だから「Youku(中国の動画サイト)みたいなものです」と教えてあげた。

そして実際に自分がUPしてるのを見せてあげたら喜んで肩をバン!と叩かれた。

ついでなので前から一度聞きたかった「上海食亭」と「上海食苑」の経緯を恐る恐る尋ねてみた。
もしかしたらタブーかもしれないのでドキドキしたが興奮しながらも色々と詳しく教えてくれた。
大体は巷間で伝えられてた通りだが知らなかった事実もあって大変興味深い話であった。
残念ながらちょっとここには書けない内容なのでご容赦下さい。

***

(追記:2017/05/11)
最近気が付いたら13時を回っていて他の選択肢がないので今日もここに。
ここで初めて八宝菜食べた。

シンプルな塩だれ。
小海老3尾。
うずらの玉子なし。
今気が付いたが肉が一切入っていない。豚肉なし。

最近野菜とキノコが欠けていたので丁度良い。
スープ最近味しないんですけど・・女性のスタッフが辞めてからだからそのせい?
冷房つけてないので汗がボトボト出てくる。

ライスは最初からてんこ盛り。
でもお代わりする。
これで600円は激安。他所は800~900円するもんね。

(追記:2017/05/08)
何故か最近は1週間の半分以上が日替わり=麻婆豆腐で固定されている。
日替わりちゃうやん。

どうもやる気があるのかないのかよくわからん。
久しぶりに例のやつだったので入店、いつもの女性はいなくて男性二人のオペレーション。

チンジャオロースが780円のレギュラーメニューに昇格してる。
ん~それだったら双龍居で青椒牛肉絲食べるよなあ・・

(追記:2017/03/30)
天満を離れた現在でも未だにランチの第一候補はここ。
と言っても表の日替わりメニュー見て入るのは2つ位の好きな料理の時だけなんですけどね。
今日は見慣れない「生姜焼肉」という文字が。
「なんだ?生姜焼肉??」新メニューか?
とりあえずそれにしてみよう。

出てきて食べてみて疑問が氷解。
「ああ、生姜焼きね~」

でも中華風の味付けで非常に旨い。
それにいつもの事ながらてんこ盛り。

そして食後なんと謎のデザートが!

「これ・・バナナだよな・・掛かってるの・・マヨネーズだよね?」

恐る恐る食べたらエビマヨに使うマヨネーズソース。
なかなかイケる。

(追記:2017/01/26)
今日たまたま前を通ったらランチをやっていました。
日替わりの牛肉となすの醤油炒めを頂きました。
上海食苑の社長がホールの手伝いをしていました。
今のところ大阪キタエリアで最強のコスパの中華ランチなのでこのままぜひ続けて欲しいですね。

(追記:2017/01/12)
2017年からランチ止めたみたいです。
こういうすぐに方針転換するのはやめて欲しい。

(追記:2016/12/07)
料理も美味しいし安い。
ただ唯一の欠点が・・

喫煙可であること。
これは何故か中国人の経営する中華料理店は大抵そうなので困る。

今日もせっかくの美味しい料理が底辺の肉体労働者風ニコチンバカのせいで台無し。

(追記:2016/11/20)
実はもう10回近く来てるはず。
でも大体同じメニューの時だから撮影はしていなかった。
今日は久しぶりに撮ってみる。

img_20161120_122011

他の客は鍋の人がほとんど。
これからの季節は鍋の方がいいかもね。

(追記:2016/9/10)
3回目の訪問。
日替わりは回鍋肉とか麻婆豆腐とか豚レバーの炒めとか色々ローテーションで変わってるようです。
今日は1回目の訪問時と同じ牛肉のオイスターソース炒め。

img_20160910_133815

img_20160910_133820

フランチャイズ店の喜洋洋の方は650円でご飯のお代わりは1回のみ、しかも量かなり少ない。
それと一人だと強制的にカウンター席。
対するこちらの天満上海食苑は600円でご飯のお代わりは自由。そしてテーブル席でゆったり。

ただメニューのバリエーションは喜洋洋の方が豊富みたいだしまだ完全にこっちだけに絞るほどでもないんですよね。

(追記:2016/9/5)
2回目の訪問。
今度は写真と動画を撮影しました。

IMG_20160905_124948

場所なんですが天満駅改札出てすぐ右側。
マクドの右側の細い路地をひたすら北に100mほど行ったところの右手にあります。
裏ヒロヤのある四つ角を超えて15mほどでしょうか?

今日の日替わりは青椒肉絲です。
600円。

IMG_20160905_123253

セットメニューはシンプルでメイン・ザーサイ・スープ・ライスです。
ご飯のお代わりは自由です。

IMG_20160905_123246

チンジャオロースと言えば甘ったるいものを出す店も多いですがここのは甘くありません。
どちらかと言うとピリ辛寄りです。

今日は上海食苑グループの社長さん自ら接客してホール担当の新人に指示を出していました。

***

天満の「鴛鴦火鍋苑」が「天満上海食苑」に店名変更致しました。
今日は日替わりランチを頂きました。
「牛肉のオイスターソース炒め」
なんと600円です。

サービス担当の女性も中の調理の方ももしかしたら天神橋 上海食苑の方かもしれません。
この界隈の中国人経営の中華料理店は甘めの味付けの店が多いのですがここはそういうこともなく良かったです。

今日スマホを置いてきたので写真なしです。
すみません。
基本的には天神橋 上海食苑と似たような感じですが以前の店名の名残か鍋メニューがメイン料理のようです。

ads
スポンサーリンク
ads

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ads