関連コンテンツ

SABAR 天満店(鯖専門店・扇町)大阪グルメランチ

この記事は書かれてから1年以上経過しています。
店の存続・所在地・営業時間・メニュー・金額等が変更されている可能性があります。
最新の情報は店の公式サイト・SNSもしくは食べログ・ぐるなび等もご確認下さい。

久しぶりの新店訪問です。
たまには頑張らないといけません。

先日「チャイニーズタナカ」に行く途中に発見した鯖専門店「SABAR 天満店」

スナップショット 1 (2014-09-06 15-20)

最近の飲食店業界は「何でもあります」という店は人気がなくて、
「○○専門店」が人気です。

スナップショット 2 (2014-09-06 15-20)

見事な鯖押し。正に鯖地獄!

スナップショット 3 (2014-09-06 15-20)

土曜の13時を回っていましたが8割位の客の入り。

スナップショット 5 (2014-09-06 15-21)

初回なので究極のとろさば丼定食1000円(税込)にしました。

スナップショット 4 (2014-09-06 15-21)

狭い店内にスタッフが5~6人いました。
皆じゃれあいながら和気藹々と仕事をしていました。
仕事に厳しい人が見たらちょっとイラッと来るかもしれません。
しかし今は人出不足なのでそんな固いことは言ってられないのです。

いよいよ鯖丼来ました!

スナップショット 6 (2014-09-06 15-21)

テーブルに置いてそのまま無言で立ち去ったのですが・・
「これどうやって食べるんだろ・・」と考えながら撮影してると
またスタッフさんやってきて説明してくれました。

最初はわさび醤油ととろろを掛けて食べる。

後半はポットに入った出汁を掛けて食べる。

言われた通りに頂きます。

スナップショット 7 (2014-09-06 15-22)

海鮮丼の類を食べていつも思うのが、このアツアツのご飯はどうなのだろうか?ということ。
魚に熱が通ってどうも中途半端な温度で気持ちが悪いと思ってしまう。

鯖自体は流石に美味しいですが・・

スナップショット 8 (2014-09-06 15-22)

鯖の唐揚げも厚みがあってサクサクで美味しいです。

後半出汁を掛けて流し込みます。
薄めの出汁ですが鯖自体の味が濃い目なので大丈夫です。

一瞬で完食です。

鯖はEPA・DHAと重要な栄養素が一杯なのでまた訪問したいですね。

ところでこのお店は1号店が福島なのですが、最近「福島」「天満」と出店するパターンが増えてますよね。

「とっつぁん」「ステーキタケル」「けとばし屋チャンピオン」そして「SABAR」

環状線の大阪駅を挟んだ両隣の駅を狙うのが大阪キタエリア攻略の秘訣なのかもしれません。

ads
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ads